若く見える秘訣「白い歯」を黄ばませる原因って、どんなものがあるの?

若く見えるには、やはり「歯」も大事です。

歯が欠けていたり、抜けていたりするのは大変見苦しいもの。

しかしそれ以上にあなたの笑顔を老けたものにさせかねないのが、

「歯の黄ばみ」です。 歯が汚いと、やはりおばさんくさく見えるもの。

若く見せたいのならば、しっかり歯を白くキープしておきましょう。

歯磨き

スポンサーリンク

歯の黄ばみの原因になりやすいものといえば

・ワインなどの飲み物

飲み物は、歯に黄ばみを沈着させることが多いとされています。

赤ワインやコーヒーなどが有名ですね。

それ以外にも、実は紅茶も歯を黄ばませることがあるそうです。

さらに、甘くて美味しいココアも

その原因になるそうですから、気をつけたいですね。

このような飲み物を飲んだ後は、できるだけすぐに歯を磨きましょう。

 

・ベリー

なんと、ベリーも歯を黄ばませるフルーツだそう。

ラズベリーやブラックベリー、クランベリー、

カシス、ハスカップなど色素が濃いベリーは危険かもしれません。

 

・合成着色料

合成着色料は、食品や化粧品に入っていることが多いですよね。

それがあなたの歯を黄ばませているかもしれません。

特に、歯をホワイトニングで白くした後は

色素がうつりやすくなっているそうです。

 

・薬

うがい薬などを使用しすぎると、歯が茶色くなってしまったり、

黄色くなってしまったりすることがあるそうです。

このような色素の汚れは、

歯磨きで落とすこともできるそうですよ。

それ以外にも、歯医者さんで

磨いてもらうことも可能みたいですから、

歯のクリーニングに出かけてみるのもお勧めです。

 
スポンサーリンク

・口の中の乾燥

口呼吸をしている癖がある人は、

口内の皮膚が渇きやすくなるとされています。

また、歯並びが悪い人も同様です。

口の中が湿っているように、なるべく唇はしっかりと閉じ、

よく水を飲むようにしましょう。

口臭を防ぐのにもいいそうです。

参考記事:恐怖!これが老け習慣だったなんて……「口呼吸」は今すぐやめよう

 

・歯の磨きすぎ

歯を磨きすぎると、逆に歯が黄ばむことがあるそうです。

ホワイトニング効果があるとされている歯磨き粉には、

研磨剤が含まれていることがあるそうです。

この研磨剤は黄ばみを落としてくれる一方で、

大事なエナメル質を削り落としてしまうかも。

そうなると、その下の象牙質が透けてしまい、

歯が黄色く見えてしまうこともあるそうですよ。

それ以外にも、歯の表面にザラザラとした

細かい傷がついている可能性もあります。

そこから色素がついてしまうこともあるそうです。

 

・虫歯

虫歯が進行すると、歯が黄ばんでくることもあります。

そうなると、つるつるとした白さが消えて、

まるで汚い石のような形になってしまうかも。

虫歯かな?と思ったら、歯医者で治療しましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!