若い女性に増えている「プチ更年期」。どうしたら、体の中の老化を食い止められるのか?

最近、アラサーの女性にも症状が

出てきている人が増加中だと話題となっているのが、「更年期」です。

若い女性、20代から30代の女性が

更年期のような症状で苦しむことを、「プチ更年期」とも言うそうです。

 

更年期とはどんなものなのでしょうか

閉経前から後までのおよそ10年間、

女性は卵巣の機能が徐々に衰えてきます。

女性ホルモンの分泌も減ってしまい、月経が月によっては来ない、

もしくは遅れることも増えるかも。 それ以外にも頭が痛くなったり、

肩が異様に凝ったり、冷えやすくなったりのぼせたり。

スポンサーリンク

他にもめまいを訴える人、疲労感に

常に囚われている人などもいるそうですね。

心理的に不安定になって、

他の人に八つ当たりするようなケースもあるそうです。

プチ更年期

ですが、本来であればこのような症状は早くて

40代後半から、50代中盤くらいの女性にあらわれるものだそうです。

なぜ、若い女性にこのような症状が出るのでしょうか?

仕事や家事、人間関係で異様なほどストレスが溜まってしまう、

過剰なダイエットの結果、疲れすぎ、

長期的に不規則な生活を続けたり、激しすぎる運動も

プチ更年期の原因となります。

このような原因が自律神経のバランスを乱していき、

女性ホルモンの分泌を急激に減らしてしまいます。

そうなると、若いのに上記のような症状に苦しめられてしまうのです。

参考記事:女性ホルモンのバランスを整えて、老化をストップさせる

 
スポンサーリンク

プチ更年期かも?と思ったら……

自己判断は何事もよくありません。

「なんだか最近体調がおかしい」と思ったら、

まずは医者にかかりましょう。 プチ更年期も、

放っておくと改善が難しいとされています。

まずは医者のところに行き、血液検査を受けましょう。

そうすることで、プチ更年期の症状なのか?

それとも、別の病気なのか?はっきりわかるかと思います。

 

その前に、そうならないためにも、

生活を改善する必要があります。

疲れすぎている人は休養をとること。

睡眠不足の人は、寝られる環境を作りましょう。

ストレスも、なるべく受けないようにしていきましょう。

もしくは、発散する環境を整えておくことも大事です。

そして、普段から基礎体温をつけておくことも大事だそうです。

基礎体温表をつけておけば、

自分の体の不調もわかりやすいでしょう。

 

それでも体調を崩してしまったら、

無理をせずにお医者さんに行くことをオススメします。

自分でもこのような不規則な生活に心当たりがある人は、

せめて食生活を見直してみましょう。

女性ホルモンを活性化させるという

キャベツや大豆などは、是非食べておきたい食品です。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!