この肌、絶対に老化させない。真夏に絶対欲しい!日傘の賢い選び方

紫外線から肌を守るために、必要なのが「日傘」です。

お肌を若く保ちたいのならば、日傘を是非とも使用すべき。

今年の夏から日傘デビューして、健康的かつ美しい肌を保ちましょう。

日傘

■紫外線を防いでくれる日傘を選ぶには……

まずは、日傘の紫外線カット率に注目しましょう。

この確率が高ければ高いほど、日焼けしにくい日傘というわけです。

また、UVカットをしていなくても、紫外線を通しにくいような

素材の日傘は効果が高いとされています。

スポンサーリンク

透け素材でないポリエステルの日傘なんかがいいそうです。

色は、白よりも黒や紺などの濃いカラーのほうが

日傘として有能という話がありますが、UVカットがしてあれば白でも構いません。

 

■暑さ対策で日傘を選ぶには……

紫外線はもちろんのことですが、

「暑いから日傘を差したい」という女性も多いようです。

熱射病や熱中症になりやすい季節は、自衛をしなければいけません。

素材は、綿や麻などの素材を選んだほうが暑く感じにくいそうです。

ポリエステルなどの化学繊維よりは涼しく感じられるかも。

生地が厚く作られていたり、二重になっているものなどは熱が通りにくいため、

暑い季節にはピッタリです。

レース生地でできているものなどは、風通しがいいので、

夏の日傘にもうってつけです。

それ以外にも気を付けたいのが、遮光率。

遮光率が高ければ高いほど、日傘の作り出す影は濃くなります。

 

■日傘があれば、他には何もいらない!?

日傘を差せば十分に肌を保護できると考えている人もいるようです。

ですが、紫外線は照り返しがあるもの。

アスファルトや砂浜では、激しい照り返しがあります。

日傘を差しているだけでは、美白をキープできません。 日

焼け止めをしっかり塗り、長袖を着る・手袋をするなどして自衛しましょう。

 

■日傘にも、お手入れが必要

日傘の寿命はそんなに長くはありません。

もって3年という話もあります。

それは、直射日光に当てると傘の生地が褪せたり、弱ったりするため。

紫外線をカットする率も、低くなってきます。

長く使っているなと思ったら、買い換えたほうがいいかもしれません。

ただし、高級な商品の場合には、遮光性能が衰えることはないようです。

 

最近では、女性だけでなく男性も日傘を使っているみたいですね。

旦那様や彼氏にプレゼントしても、喜ばれるかもしれません。

もちろん、自分のお気に入りの傘を探すのも大事です。

店頭やネットなどで、こだわりのデザインや高機能の商品などを探してみましょう。

 
スポンサーリンク

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!