日焼けしても大丈夫!? 紫外線と上手につきあう美人のケア方法

紫外線と日焼け美人秋になってもまだまだ強い紫外線。

日焼け美人は健康的に見えますが、シミヤシワができないの?肌が老化しない?と心配している方も多いかもしれませんね。

いくら防ごうとしても、なかなか防御しきれないのが紫外線です。

では紫外線と上手に付き合いながら、お肌のアンチエイジングを目指すにはどうしたらいいのでしょうか?

紫外線を浴びながら、美肌をキープするには…

・日焼け止めをこまめに塗る

紫外線を浴びる日には、数時間おきに日焼け止めを塗りましょう。

また、日焼け止めの効果をアップさせるには保湿も重視しましょう。

スポンサーリンク

肌が潤っていると、日焼けしにくいと言われています。

・出かける用事がなくても、日焼け止めは塗る

出かける予定がなくても、朝に日焼け止めを塗ることを習慣づけるといいそうです。

洗濯物を干したり、ちょっとそこまで出かけるだけでも日には焼けてしまうのです。

・化粧水はたっぷり、時間をかけてつける

チャッチャと化粧水をつけるよりは、時間をかけて化粧水をゆっくり肌になじませましょう。

テレビを見ながらでも構いません。

・酵素をとる

サプリでも、グリーンスムージーでもOK。酵素ドリンクは日焼け対策になりますし、シミやたるみの防止にもなります。

・運動する

代謝をアップさせると、肌の回復が早くなるそう。

ただし、過激な運動は体に負担をかけかねません。

・日焼けしたら、冷やすこと

紫外線を受けてほてった肌は、その日のうちに冷やしましょう。

化粧水をつけてから、冷やしタオルを顔の上にのせます。

肌のほてりがとれるまでは、顔を冷やし続けましょう。

・インナーケアも欠かさない

ビタミンCが豊富な食材を摂取するようにしましょう。

できれば旬の食べ物のほうが、栄養は豊富で健康にもいいとされています。

・汗をかいたら、すぐにシャワーで流そう

意外にも、汗は放っておくと肌荒れの原因となります。

こまめにふきとるか、コットンに化粧水をつけてふきとりましょう。シャワーで流すのもいいですね。

朝と夜だけでなく、汗拭きにも化粧水を使いましょう。

化粧水はたっぷり使うのがいいとされています。

安い化粧水でも構いませんから、ケチケチしないで肌を潤うまでしっかり使いましょう。

また、化粧水だけではなく、保湿クリームや美容液なども忘れないで。

完全に日焼けを防止しよう、紫外線を生活から取り除こうとしてもなかなか難しいもの。

それならば、紫外線と上手に付き合いながら、化粧水や日焼け止めを上手に利用しましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!