日焼けしてしまった!そんな時に必ずやりたいアフターケア

紫外線対策を充分にしているつもりでも、うっかり日焼けしてしまった時。

そんな時には、すぐにアフターケアをしてみましょう。

そうすれば、元通りのツルピカ肌に戻れるかもしれません!

すぐにやっておきた日焼け後のアフターケア。

その内容は、どんなものがあるのでしょうか?

日焼けのアフターケア

肌を冷やす

日焼け止めを塗っておいたけれど、肌がヒリヒリする…。

そんな時には、まず冷やすことが大事です。

スポンサーリンク

冷たいタオルやペットボトルなどを肌に当てて、素早く肌を冷やしましょう。

 

そのままにしない

当たり前ですが、処置はできるだけ早いほうがいいのです。
数日後にやっても効果はありません。

「そういえば、数日前に日焼けしたから冷やさなきゃ」では、手遅れになってしまうかもしれません。

 

保湿をする

何をおいても保湿のケアは大事!という声がありますが、日焼け後のケアも同様です。

コットンパックなどを試してみましょう。

コットンに化粧水をたっぷりしみこませ、そのままお肌の上にのせるといいそうです。

ただし、これもそのまま放置してしまうと乾燥するだけ。

少しおいたら、素早く肌から剥がしましょう。

そして、その後にクリームや美容液を塗ることも忘れないで。

スポンサーリンク

美容液は、美白を意識したものを使いましょう。

ちなみに、「適量を使う」「開封して放置しておいたものを使わない」ことは意識しましょう。

量をケチったり、開封したまま劣化してしまった美容液を使うと肌にはよくありません。

また、日焼けしてヒリヒリしている肌に急に美白ケアをすると、肌がびっくりしてしまいます。

数日後から、美白ケアをするのがいいという話があります。

また、水を飲むことも忘れないで。

ただし、冷たいドリンクを一気に飲むと、内臓が冷えてしまいます。

肌の回復力が低下するかもしれませんので、できるだけちびちびと飲みましょう。

 

ビタミンを摂取する

ビタミンを摂ると、やはり肌の回復力が良くなります。

特にビタミンCやビタミンEを摂るのがおすすめだそうです。

これ以外にも、傷付いた細胞の回復にいいβカロチンも摂りましょう!

ちなみに、無理やりピーリングをしたり、保湿を怠ったりすると「シミ」「シワ」「そばかす」「肌のくすみ」などの原因になるかもしれません。

そもそも、日焼けをしそうならば必ず日焼け止めを塗ること。

そして、シートパックや化粧水でしっかりとケアをすること。

予防はもちろん、アフターケアもしっかりすることで夏でも美しい肌をキープできるでしょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!