洗顔のしすぎで、肌がカサカサになっている可能性大!今こそ正しい洗顔のクセを身につける

乾燥肌と洗顔

Tゾーンがベタつくと、つい気になって毎日に何度も洗顔しちゃう!

という女性も少なくないのではないでしょうか。

でも、このような行動が、乾燥を招いているのかもしれませんよ。

特に、冬は空気が乾燥しています。

肌がカサカサしがちな季節に、肌を洗いすぎないようにしましょう!

洗顔をしすぎると、肌がカサカサになる。でもそれ以外にもかさつく理由はあるのかも!

朝起きた時に、自分の肌が一番ベタベタしているように感じられるという女性もいます。

ですが、朝の汚れは、日中肌が受けているダメージと比べると非常にわずかなもの。

スポンサーリンク

「朝がもっとも肌の汚れている時間帯だ」という既成概念は、誤りなのです。

洗顔料を使用したいのならば、夜だけにしておいたほうがいいそうです。

朝はぬるま湯だけで洗えばいいという意見もありますので、敏感肌・乾燥肌の人は自分の肌と相談しながらやってみましょう。

そして、洗いすぎにも注意です。

何度も何度も水を顔にぱしゃぱしゃやっていると、肌がどんどん乾燥していきます。

「洗顔料が落ちていないかも」となんて気にしないで、ある程度のところですすぐのはよしましょう。

洗いすぎないだけでも、肌の調子はだいぶ向上するはずです。

洗顔料の中身もチェック

洗顔料の中に、「合成界面活性剤」派は言っていませんか?

この成分が、肌に悪影響を与える場合があります。

ただし、商品によってその度合いは異なりますので、一般的には「使用後に肌がつっぱるようならば、使用し続けないほうがいい」とされています。

肌がつっぱるのにそのまま使い続けてしまうと、肌の潤いまで奪われてしまいます。

また、弱酸性の洗顔料を使用し続けると、皮脂がでにくくなってしまい、肌がよりカサカサになってしまうかもしれません。

洗顔料を使いたいならば、自分の肌の調子を見ながら使いましょう。

肌の調子が悪くなったら、「もったいない」なんて思わずに思いきって処分したほうがいいかもしれません。

また、オイルクレンジングは肌にあまりよくないと言われいますから、できるだけ使用しないほうがいいかもしれません。

洗顔した後に保湿を忘れないようにするのも、乾燥肌を脱出するためのポイントです。

肌を乾燥させたままにしていると、シワの原因になりかねません。

そうなると、もしかしたら本当の年齢よりも老けて見られることになってしまいそう。

つやつやでプルプルの肌を目指して、洗顔メニューややり方にもより一層配慮するようにしましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!