乾燥肌をどうにかしたいのなら、「ベトベト保湿」が効果的だった!?

乾燥肌肌に含まれている水分量は、年齢とともに減少していくと言われています。

そのために、こまめに保湿をしているという人も多いでしょう。

でも、あんまり効果が出ない…そういう方のために、効果的な保湿方法について調べてみました。

その結果、わかったのが「ベトベト保湿」が効く!ということ。

それではこの「ベトベト保湿」とは、どんなものなのでしょうか?

「ベトベト保湿」の驚くべき内容とは

毎日のようにパックをして、クリームを塗っている人も多いでしょう。

スポンサーリンク

これを、「ベトベト」にするだけのケア方法です。

つまり、ローションパックとクリームで肌をベトベトにして就寝する、というのがこの方法なのです。

続けるコツは、安い商品を選んで惜しみなく使うこと。

「乾くスキを与えない」くらい、肌を覆ってしまいましょう。

これで肌トラブルから解放された、という人もいるようですよ。

「ベトベト保湿」の効果的なやり方

まずは、顔のクレンジングを行います。

そして、ぬるま湯で顔をゆすぎましょう。

アツアツのお湯にするのではなく、あくまでぬるいお湯にするべきです。

そして、化粧水を肌に塗りつけます。

この時に、掌に載せてひと肌まで温めるのがコツだそう。

そうすることで、肌になじみやすくなります。

化粧水は大事です。

顔全体にのせて、パッティングしていきましょう。

ただし、肌を強くパンパンと叩くと、肌に悪いこともあります。

優しくパッティングしましょう。

スポンサーリンク

次に、パックをしましょう。

専用のシートを使ってもいいですが、節約したい人は化粧水を浸したティッシュでもいいそうです。

化粧水がたれるほどたっぷり染み込ませて、肌の上にのせましょう。

そして、10分程度たったら、クリームを塗ります。

クリームも掌の上で温めておきましょう。

それを顔全体になじませます。

さらに、顔だけでなく、首やデコルテにもしっかり伸ばしてケアをします。

目元やほうれい線のあたりにも、しっかり塗りこんで。

参考記事:首のシワを改善するには、乾燥対策を忘れてはいけない!その対応策とは

しっかり睡眠をとることも大事

なお、肌をきれいに若く保ちたいのならば、睡眠が一番効果的です。

しっかり眠るようにしましょう。

ちなみに、肌がベトベトの状態で寝てしまうと寝具についてしまうのでは?と思うかもしれませんが、気になる方はタオルなどを敷いて寝てもいいかもしれません。

しかし、これらの汚れは洗濯すれば落ちるはず。

あまり気にしないようにすることも大事です。

 

ただし、脂性の人がこのケアをやると、逆に肌が荒れてしまうかも。

肌に合わないと思ったらすぐにやめることも大事です。

しっかり自分の肌質を見極めてから、新しいケア方法を試しましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!