車のせいで、肌が老化した…!?「エアコンの温風」「窓からの紫外線」で、肌がボロボロになる

大人の女性は、車に乗る機会も多いもの。

「車がないと生活できないエリアに住んでいる」女性から、「仕事でいつも車に乗っている」「タクシーに乗る機会が多い」人までいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、何気なく利用している車が、もしかしたらあなたの老化の原因になってしまっているのかも!

と言っても、車に乗るのをやめるわけにはなかなかいきませんよね。

それでは、老化しないために対策をたてていきましょう。その対策法とはどんなものがあるのでしょうか?

車の運転

スポンサーリンク

エアコンに注意!

車の中にいると、ついついエアコンをつけてしまいますよね。

特に、「開けっ放しにするともったいない」という気持ちから、窓を閉め切って夏は冷風、冬は温風を入れっ放しにしている人も多いのではないでしょうか?

しかし、これでは肌が乾燥してしまいます。

特に、通風孔を自分に直接あたるように設定していると、どんどん肌から水分が飛んでいってしまうかも!

夏ならば体温も高いので、汗をかいていることもあります。

肌から脂も出やすいシーズンですから、乾燥しにくいかもしれません。

問題は寒い季節。

肌が乾燥してシワだらけにならないうちに、エアコンの使い過ぎは避けたほうがよさそうですね。

 

紫外線に注意!

夏の間は日焼け止めを塗っていても、それ以外の季節は塗らない、忘れていたという人も多そうですね。

ですが、紫外線は夏だけのものではありません。

フロントガラスや窓から、紫外線はどんどん入ってきています。

車に乗る機会が多い人は、どんなシーズンでも日焼け止めは欠かさずに。

もしくは、長袖を羽織るなどして、体を日焼けから守りましょう。

それだけで、シミができる確率が減るはずです。

 
スポンサーリンク

車に乗っている時の乾燥・紫外線対策とは…

まず、マスクをするのはおすすめです。

肌を乾燥から守ることができるからです。

特に、口元や頬のシミが気になる人はこちらを試してみましょう。

目元が気になる人は、サングラスを常備しておくべきです。

乾燥自体をどうにかしたい!という人は、加湿器を持ちこみましょう。

持ち歩きできるものや社内専用の加湿器もありますから、ニーズに合わせて選んでみて。

エアコンは切って、足もとが冷えないように工夫をしてみることもオススメします。

また、通風孔は自分を直撃しないように、位置をずらすこと!

これを忘れてしまうと、肌がカピカピになってしまうかもしれません。

車のせいで肌がぼろぼろになった!なんてことがないように、是非とも対策をしておきましょう!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!