若さを保つのに必要な「良質な睡眠」をとるために、寝つきをよくする方法ってあるの?

若さを保つためには、良質な睡眠をとるのがいいとされています。

それだけ、睡眠と健康・美容は切っても切れない関係にあるのです。

しかし、「なかなか眠れなくて困っている」という女性も

多いのではないでしょうか。 そういう時に、

すっと眠りにつける方法を知っておけば、

若さと美しさを保つことができることでしょう。

それでは、寝つきを良くするためには何をしたらいいのでしょうか?

良質な睡眠

スポンサーリンク

毎日同じ時間に就寝、起きるようにする

毎日寝る時間や起きる時間がバラバラだと、

寝つきも自然と悪くなってしまうそう。

ですから、なるべく同じ時間に寝るようにしましょう。

週末やお休みの日は夜更かししないようにしたいですね。

参考記事:老化を防止するには「7時間睡眠」「早起き」が大切だった

 

珈琲を飲む時間を決める

珈琲に含まれているカフェインは、目を覚ます効果があります。

寝る前だけでなく、午後に飲んでも影響があることもあるそうです。

できれば、14時くらいからカフェインは摂らないほうが

いいという意見もあります。

 

悩み事や心配していることを、眠る瞬間は気にしないようにする

悩み事、心配事などで心が占められていると、なかなか眠りに就けません。

考えすぎてしまうタイプの人は、

気持ちをスッキリさせてから寝るほうがいいかも。

たとえば、気になっていることを整理するためにメモに書き出してみる。

もしくは、ストレス解消のために体を動かしたり、

スッキリできるような行動を考えてみましょう。

 
スポンサーリンク

寝る前は、すぐに眠りに入れるような習慣を意識する

寝る前に習慣を作るのも、眠りやすくなるための秘訣だそうです。

リラックスするための習慣を考えましょう。 本や漫画を読んだり、

軽いストレッチをしたりするといいかもしれません。

スマートフォンや携帯電話をいじるのは、

画面の眩しさで目が冴えてしまうかも。 気をつけましょう。

 

・BGMを流すようにする

無音だと、なかなか寝つけないことがあります。

こういう時に便利なのが、自然音のBGMです。

波音や雨音のBGMなどが有名ですね。

周囲が騒がしい環境でなかなか眠れない人は、

こういうBGMを利用しても良さそうですね。

 

・光をシャットアウトする

なるべく、光をシャットアウトして眠ることも重要です。

照明は消して、雨戸もきちんと閉めましょう。

枕元などに携帯電話やスマートフォンを置くと、

着信やメールがくるたびにチカチカして

目が覚めてしまうかも。 できれば、

目に入りにくいところに置いたほうがいいでしょう。

 

・深く息を吸い込むようにする

浅く息をしていると、眠りにつきにくいそうです。

深呼吸をする習慣をつけると、

眠りに入りにくくなるとも言われています。

呼吸をしっかりするように集中すると、

すっと眠れるようになるかもしれません。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!