若く美しく!美をキープするための『風水術』をフル活用

風水痩せて若々しさを取り戻したいという女性は多いとは思いますが、

「なかなか効果が出ない」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

そういう人は、「痩せて美しくなれる風水」を取り入れてみてはどうでしょうか。

実はダイエットや若返りに効果がある風水もあるのだそうです。

まずはチャレンジしてみましょう!

 

散らかった部屋に住んでいる女は、痩せられない!

太っているからといって散らかし魔だとは限りませんが、「部屋が雑然としている女性は太っている」というのは、風水のプロに言わせると通説なのだそう。

まず、痩せたいのならば部屋を片付けてみましょう。

スポンサーリンク

まず、物はちゃんと収納して、床に物を置かないようにすること。

長く使用していないもの、古くなったものは捨てていきましょう。

お気に入りだけど読んでいない雑誌、着なくなった洋服、使わない食器などは処分していきましょう。

「いつか使うかも」

「高かったから」

「ブランドものだし、プレミアがついていそう」

などという理由からダラダラ持ち続けても、何もいい運気を運んできてはくれないそうです。

「古くなったものを捨てる」習慣ができれば、購入することにも慎重になりますよね。

ですから、「何でもすぐ買う」習慣も改めることができるでしょう。

 

若返りにも役立つ「掃除」術

玄関は、女性で言うと『顔』のようなものです。

その玄関は、キレイに保っておきましょう。

・靴は出しっぱなしにしない

・鏡などは、キレイで美しい状態に保つ

・電球は明るいワット数のものに変える

・玄関マットは、必ず置くようにする

・こまめに掃除をする
また、水場も汚れたままにしておくと汚くなりがちなもの、掃除だけでなく、換気もマメにしていきましょう。

・シャンプーなどは、床に直置きしない。出しっぱなしにしない

・鏡をピカピカにしておく ・シンクの上には物を置かないようにする

・使わない食器や調味料などは処分する

・鍋は焦げ付かせたままではなく、磨いておく

・コンロと流しの間にグリーンを飾ると、運気上昇!

そして、忘れてはいけないのがクローゼットの掃除です。

3年以上着ていない洋服は処分しましょう。

また、詰め込みすぎないのもポイントだそう。

気が通らないようなクローゼットは、埃っぽくなりますし、運気も停滞します。

小物やベルトも場所を決めて収納しましょう。

さらに、日常的に使うメイクボックスも整理しておきましょう。

基本は、埃を取り除くこと。

そして、ガラスのくもりなどもとり、ドアノブや金具なども磨いておくこと。

ポイントは、一度に全部やろうとしないこと。

「今日は玄関をキレイにする」「明日は本棚を整理しよう」と、少しずつ掃除していきましょう。

 

若く美しくなるために、風水を利用しよう!

さて、ここからは美しくなるための風水術です。

・南に鏡を置く
美しさをアップさせてくれる方角は、南とされています。

南の方角に全身が映る鏡、そして体重計などを置くと、ダイエットも成功しやすいのだとか。

・太陽の光を浴びる!
南側から太陽の光を浴びると、美しさが増すという話もあります。

太陽には人を元気にしてくれるパワーがあるそうですから、朝起きた時にカーテンを開けて日光を浴びるというのは体にも心にもいいそうです。

参考記事:老化を防止するには「7時間睡眠」「早起き」が大切だった

・洋服やメイクで運気を変える!
たとえば、風に揺れるようなデザインの洋服、アクセサリー、スカーフなどは運気をアップさせてくれます。

つい気持ちが落ち込んでいる時に着てしまいがちな黒い洋服は、運気を停滞させるので避けたほうが無難かも。

自分の顔写りが良く見えるカラーを選びましょう。

スポンサーリンク

老けて見える洋服の選び方!3つの失敗アイテムを知って、賢い大人の女性を目指す

黒いアクセ年齢を重ねると、10代や20代向けのファッションが似合わなくなってしまうことがあります。

これは悲しいことですが、肌の質感が変わると起こりがちな現象ではないでしょうか。

昔からお気に入りで身に着けていた洋服やアイテム、アクセサリーが、もしかしたらあなたを「若作り」、もしくは「より老けて見える」ようにしているかも。

特に、老けて見えやすいアイテムは避けたいですよね。

それでは、どのようなアイテムや洋服を避ければいいのでしょうか?

 

「黒」「ベージュ」「グレー」の地味色

シンプルイズベスト!と、落ち着いた色の組み合わせを好む女性は少なくありません。

ただし、全身黒やグレー、ベージュの組み合わせだけでは、オシャレというよりも老けて見えることもあるようです。

どうせなら、明るい色、キレイなカラーをファッションに足したいですよね。

あまりに地味な色は、「無難」という印象を与えますが、肌をくすませて見せてしまうかも。

どうしても洋服は無難にまとめたいという人は、靴やバッグ、帽子などで工夫してもよさそうです。

 

小花柄

花柄パンツなどは今年の春に流行したアイテムですが、あまりに花が細かいようなワンピースやパンツは、ちょっと老けて見えてしまいがち。

同じように、細かすぎるチェックやドット柄もやめたほうがいいそうです。

遠くから見ると柄がないように見えるようなものは、できれば避けたほうがいいみたい。

大きな花柄は、比較的印象が強いので老けて見えにくいそうです。

ただし、あまりに明るすぎる色合いだと派手になりすぎてしまうかも。

色と柄のバランスには注意して、自分の肌色に似合うものを選びましょう。

 

華奢なアクセサリー

細くて華奢な金のネックレスやアンクレットなどは、女子の永遠の憧れ。 ですが、あまりに華奢すぎるものは、つけていても印象が薄いもの。

つまり、マイナスになることもないけれど、プラス効果もあまりないものだと言うオシャレさんもいるようです。

できれば、大ぶりなイヤリングやピアスを差し色にしたり、艶っぽいバングルなどで大人らしさを演出しましょう。

若くなければ楽しめないファッションもあるようですが、それだけで終わってしまってはつまらないもの。

大人だからこそ楽しめるファッションもあるのです。

もちろん、肌質を若く美しく見せるようにしていれば、このような不安とは無縁かもしれません。

ですが、大人ならではのファッションを楽しむためにも、洋服の選び方を見直してみたりアイテムを買い足してみてはどうでしょうか?

参考記事:老けて見えるメイク方法から、卒業しよう!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!