「肌が黄ばんだ」「疲れやすい」「口が臭う」……『老化あるある』はこうやって予防する

最近、肌にシワやシミ、くすみが出てきた……

疲れがとれにくく、毎日つらい……

自分の口から加齢臭がしてくる気がする……

など、老化ならではの悩みってありますよね。

このような「老化あるある」は、どうしたら解決できるのでしょうか?

老化

■肌の老化が気になる!

肌は、年をとるとたるんできたり、シワが出てきたりするものです。

ですが、年齢よりも早い段階で

シワやくすみ、たるみが出てくるといやな気持ちがしますよね。

スポンサーリンク

こういった肌の老化は、「糖化」と呼ばれる現象で起こるもの。

体のなかにあるたんぱく質と、糖が結合すると、肌が老化しやすくなります。

これで肌が黄ばんだり、くすんだりするというわけです。

砂糖の過剰摂取や炭水化物の摂りすぎに注意しましょう。

代わりにビタミンやミネラル、食物繊維など、

野菜を中心に食べるとよいかと思います。

 

■疲れがとれにくい!

疲れがなかなかとれないのは、老化の現れと言われています。

これは、細胞の機能が衰えるということが理由だそう。

エネルギー代謝が低下すると、細胞を修復することができなくなるそうです。

疲れていくと、細胞が入れ替わるスピードも遅くなります。

そのため、疲れる→細胞が入れ替わりにくくなる→さらに疲れるという

ループが起こるのだそうです。

このまま放っておくと、「太りやすく、痩せにくい」という体質に

なってしまう可能性もあります。

このような老化を防止するためには、ネギがいいそうです。

ネギには、セレンと呼ばれる成分がたくさん含まれています。

セレンには動脈硬化や血栓症を予防する効果があります。

また、老人性のシミの原因となる過酸化脂質を抑える効果もあるそうです。

シミにお悩みの方は基礎化粧品を変えてみてはいかがですか?

 

■加齢臭が出てきた!

口だけならまだしも、脇や体中からプーンと加齢臭がしだしたら、

老化のサインです。

気にしすぎる必要はありませんが、専用の石鹸やボディソープ、化粧品などを

購入するのがいいかもしれません。

ただし、エチケットとして過剰な臭いは抑えたいもの。

そもそも、加齢臭とは皮膚の毛穴から出てくる皮脂のせいとも言われています

。 脂っこい匂い、青臭い匂い、枯れたような匂いとも称されます。

加齢臭が気になりだした方は、とにかく清潔にすること。

お風呂に入ったり、まめにシャワーを浴びて、体を清潔に保ちましょう。

ただし、シャワーだけでは足らないこともあります。

汗をかくためにも、しっかり湯船につかったほうがよいそうです。

体にたまった老廃物をしっかり流しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!