女性はいつ出産すれば、アンチエイジングにいいの?

アンチエイジングと出産女性のライフスタイルは、かなり多様化しています。

早くに結婚をする人もいれば、アラフォーになってから結婚する女性もいます。

また、出産の時期もバラバラです。

専業を選ぶ人もいますし、共働きでバリバリ働くぞ!という人も多いですよね。

しかし、アンチエイジングの観点から見ると、女性はいつ妊娠・出産をすればいいのでしょうか?

30歳前後が、女性の出産で好ましい時期と言われているが…

女性にとって、妊娠や出産は一大イベントです。

妊娠に好ましい時期というのは、人によって意見が分かれるかもしれませんが、30歳前後とも言われています。

というのも、10代や20代の頃の出産は体が楽ですが、精神的に不安定になってしまうことがあります。

スポンサーリンク

しかし、年齢を重ねすぎてしまうと肉体的にかなりキツイ…というのは有名な話です。

30歳前後は、この点においてバランスがいいと言われています。

女性ホルモンの分泌も盛んですし、心にも余裕が出てきて「赤ちゃんが欲しい」と思う人も多いでしょう。

ですが、その時期以外に出産すると、アンチエイジングの観点から考えて負担がかかりすぎる、というわけではありません。

人によって、考え方はいろいろです。

仕事を大事にしている人は、出産や育児についてどうしても前向きに考えられない時期もあります。

自分がベストだと思った時期に出産するのが、ストレスもなくアンチエイジングの観点から見ても、子育ての観点から見てもちょうどいいのかもしれませんね。

ちなみに結婚はもちろん、出産経験の有無に拘わらず、女性ホルモンの分泌は40歳前後から低下を始めるそうです。

これが更年期と関係してくるというわけです。

なお、更年期の重さは出産経験の有無とは関係ありません。

スポンサーリンク

出産経験のない人は、がん対策をしっかりとること

ただし、注意すべきことがあります。

それは、乳がんや子宮がんなど女性特有のがんの危険因子を持ちやすいのは、出産経験のない女性だということです。

もちろん、経験があってもこういったがんになる人はいます。

とはいえ、こういう説は知っておいて損はありません。

対処法としては、ブロッコリーやカリフラワー、芽キャベツなどを食べることをおすすめします。

また、定期検診などにこまめにかかることも忘れてはいけません。

最近では、アラフォーになっても元気なお子さんを出産される人はたくさんいます。

どの時期に出産をしたとしても、その後に適度な運動をしたり、食事療法をしたりしてアンチエイジングを心がけることが大事だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!