いつまでも若く美しく!そうありたいなら、身につけておきたい「正しい朝習慣」

睡眠は、アンチエイジングと重要なかかわりを持っているという話がありますよね。

「できるだけ、良質な睡眠をとるべきだ」という話がありますが、それだけで満足せずに、老化しにくい朝習慣を追求してみてはどうでしょうか?

朝習慣

老化しにくくなるための朝習慣とは?

まず、大事なこと。

それは、朝起きる時間を一定にすることです。

毎日同じ時間に起きれば、体内に分泌される「メラトニン」や「成長ホルモン」を効率よく活用することができます。

スポンサーリンク

そのためにも、昼夜逆転した生活は避けるべき。

毎日朝には起きて、しっかりと朝日を浴びましょう。

なかなか早起きできないという人でも、一度早く起きることで、徐々に早起きできるサイクルができていくことでしょう。

また、起きる時間以外の週刊、朝食やランニングなどの習慣もできるだけ同じ時間に行うと、体内時計が整いやすくなるそうです。

 

アンチエイジングに効果的な、理想の一日とは

それでは、理想的な一日の過ごし方とはどんなものがあるのでしょうか?

まず、だいたい6時か7時くらいに起床します。

朝起きたらカーテンを開けて、朝日を浴びましょう。

なお、曇りの日、太陽が出ていない日でも効果はあります。

すぐに水を一杯飲みます。寝ている間に、体内の水分が失われているからです。

そして起きてから1時間以内に朝食をとります。

そうすることで、体内時計もうまく動き出すのです。

朝食を食べないという習慣の人もいるようですが、あまりおすすめできません。

太りやすい体質になるという話もありますから、食べて運動する、というのを習慣付けたほうがいいでしょう。

コーヒーだけを飲んで終わり、というのは健康にもよくありませんし、口臭が出てしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

その後は、熱いシャワーで体をシャキッとさせましょう。

血液の流れも良くなり、新陳代謝もアップします。

さらに、軽く体を動かす習慣をつけておくのもいいですね。

朝起きてからウォーキングなどをするのもいいですが、朝食後でもOK。

通勤のついでに軽く歩いたり、自転車通勤にしてみたりするのも良さそうです。

朝日を浴びながら、爽やかな気持ちでリラックスしましょう!

反対に、激しすぎる運動をするのはNG。

長距離のランニング、ハードな筋トレは朝からしないほうがいいのです。

やりすぎると、内臓、特に心臓に負担がかかることもあります。

また、起き抜けに体を動かすのもNGです。

どうしても運動したい方は、夕方から夜にかけてやりましょう。

午前中にできるだけ大事な用事をすませましょう。

頭の中がクリアになりますし、より元気になれます。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!