アンチエイジングには「空腹」が効果あり! 空腹になる時間を作ろう

空腹美容や健康、アンチエイジングの天敵のひとつ。
それが「食べすぎ」です。
ついつい食べすぎちゃう!という生活習慣がある方は、要注意。
満腹になるのはいいですが、「いつもちょこちょこ食べていて、空腹を感じる暇がない」「つい気が付くと口に食べものを入れている」「お腹が減っていないけれど、なんとなく時間が来たら食事をして、お腹をいっぱいにしてしまう」という人は、体重があっという間に増えてしまうかもしれません。
そのうえ、「空腹」のメリットをまったく享受できないのです。
そう、「空腹な時間を持つこと」は、美容にもアンチエイジングにも効果的なのです!

スポンサーリンク

空腹になると、こんなにいいことがある!?

空腹になると、なんだかイライラしてしまう…。
集中力が続かないし、仕事や家事も雑になってしまう…。
そんなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、逆にいい効果をもたらすこともあります。

まず、記憶力です。
空腹になると、記憶力がアップするという説があるのです。
たしかに、お腹がいっぱいの状態で勉強したり、ものを覚えようとして集中力が散漫になってしまいそう。
これは胃をカラにすることで、血糖値が下がると、分泌されるインスリンの量も減っていきます。
すると、脳のエネルギーであるタンパク質が活性化して、記憶力がアップするそうです。

しかし、それ以外にも素晴らしい効果が望めるそうです。

たとえば、空腹になることで、成長ホルモンの分泌や長寿遺伝子の働きが活発化します。
そうなると、お肌に残っているダメージも比較的すぐに治すことができるでしょうし、アンチエイジング・健康の効果も期待できます。

また、たくさん食べ続けている人より、空腹を感じている人のほうが血液がきれいになるそうです。
食べ続けていると、胃腸に血液が集中します。
これは消化を助けるためですが、胃腸にばかり血液がいってしまうと、他の器官の働きが鈍ってきてしまうでしょう。
さらに、免疫力がアップするなんていう話もあります。

スポンサーリンク

それでは、空腹を我慢する方法はあるのか

それでは、空腹を我慢するための方法はあるのでしょうか?

・歯を磨く

歯を磨いてしまうと「もう一度歯磨きしないといけないから、食事をしないようにしよう」と思うようです。
口の中がスッキリするような歯磨き粉を使いましょう。

・ホットコーヒーを飲む

できればブラックコーヒーがいいようですが、コーヒーを飲むことで食欲が抑えられるそうです。

・炭酸水を飲む

シュワシュワしている炭酸水。
飲むと、満腹感が得られるという話があります。
カロリーもないので、ダイエット中の女性も嬉しいですね!

いつもお腹いっぱいでいたいという人も、たまには空腹の時間を作ってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!