肌美人になるには、腸内環境から見直そう!

積極的にアンチエイジングを考えているのならば、まずは腸内環境を整えるべき!という意見があります、

たしかに、腸内環境が悪いままだと、肌にも影響があります。

便秘気味の人は肌荒れしやすいという話は、ここからきているのでしょう。

それでは「腸内劣化」を防ぐためには、どうしたらいいのでしょうか?

納豆

腸を美しく保つための生活習慣を始めよう

・20時以降は食べないようにする

ダイエットに効果的な方法とされる「20時以降は食事を控える」というもの。

スポンサーリンク

これは、腸を美しく保つにも大事なことだそうです。

ただし、仕事が忙しい、残業が多い、どうしても生活リズムが崩れがちだという人は、週に何日かでも20時までに食事をする日を作りましょう。

・空腹になる時間も持つ

いつも何かをモグモグ食べている、いつも満腹になっているというようでは、腸も休まる暇がありません。

空腹になる時間も作りましょう。

・肉を食べすぎない

肉ばかり食べてしまうと、やはり腸には良くないとされています。

お肉が好きな人も、毎食肉ばかりというのは避けましょう。

動物性たんぱく質は、摂りすぎに要注意!

・発酵食品を食べる

肉とは反対に、発酵食品は腸に優しい食品です。

発酵食品というと、ヨーグルトや納豆などが有名ですね。

毎日の食事のどこかに組み込んでみましょう!

スポンサーリンク

・食物繊維とオリゴ糖を積極的に摂る

そして、忘れてはいけないのが食物繊維。

食物繊維は、腸の動きを活発化させます。

便秘がちな人は、ぜひ摂りましょう。

オリゴ糖も、最近ではそれだけで商品化されています。

ヨーグルトにオリゴ糖をかけておやつにするなんていうのも、いいアイデアですね!

やはり、ヨーグルトに含まれているビフィズス菌は、腸内環境を整えるのに素晴らしい役目を果たしてくれます。

便秘のせいで肌荒れがひどい人は、ビフィズス菌の入ったサプリメントでもいいですから、毎日摂取するようにしましょう。

肌がキメ細かく、乾燥しにくくなるかも。

また、ニキビが多い人にも効果的です。

ただし、砂糖を加えた状態で売られているヨーグルトを食べすぎると、カロリーを過剰摂取してしまう恐れがあります。

プレーンの状態のヨーグルトを購入してきて、そのまま、もしくはオリゴ糖やハチミツ、フルーツなどを加えて食べたほうがベターかもしれませんね。

 

便秘体質を放っておくと、それを改善するのに大変時間がかかります。

美肌を保ちたい人は、習慣を見直してみましょう。それだけで、あなたの肌質が向上するかもしれません。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!