アンチエイジングしたいなら、朝食は食べるべき? 美人を作る朝食メニュー

朝食なんて食べなくてもいい!なんて意見もありますが、なかなかそうはいきません。

食事をしないままだと午前中の仕事に集中できませんし、結婚している方のなかには「子供がなかなか食事を摂らないので、自分が手本を見せなければならなくて」と、朝食をとるスタイルに変えた人もいるかもしれません。

朝食は、健康な肉体を作るのに欠かせません。

ファーストフードやサプリメントだけでは、肉体に負担がかかることもあります。

老化しにくい体作りをするためにも、いい朝食を摂りましょう。

朝食

スポンサーリンク

美肌にいい朝食メニューとは、どんなものがあるのか

・野菜スープ

スープは一度にいろんな野菜が摂取できるので、女性の強い味方です。

その日冷蔵庫にあるものと、ソーセージやベーコンなどを入れて煮込めばそれだけでできてしまう気軽さも嬉しいですね。

寒い季節はしょうがなどを入れると、体がぽかぽかして温まりやすいでしょう。

・フランスパン

朝食には、菓子パンよりもフランスパンがいいとされています。

というのも、かたく焼いてあるフランスパンはよく噛まなければ食べられません。

たくさん噛むことで、肌の新陳代謝を活発にしてくれる唾液がたくさん出てきます。

それに、満腹効果も出やすいので、朝食メニューには向いていると言えます。

スポンサーリンク

・天然酵母のパン

普通のパンに比べるとクセがあるイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

少し割高ですが、それだけの価値はあります。

天然酵母にはミネラルやビフィズス菌が含まれています。

ただし、食べすぎには注意!

・豆乳
豆乳にはイソフラボンという成分が含まれていますが、これが美肌作りに大きく貢献してくれます。
たくさん飲みましょう。
コーヒーに入れて、カフェオレにして飲んでもよさそうです。

・和食

和食は体にいい!というのは有名な話ですよね。

味噌汁にはたっぷりと具を入れましょう。豚汁もいいですが、油を使いすぎないようにしましょう。

また、アンチエイジング食材として名高い鮭、食物繊維が豊富な玄米なども積極的に食べたい食材です。

・イチゴ、バナナ、キウイなどのフルーツ

春ならば、イチゴはビタミンがたっぷりなので是非食べておきたいですね。

キウイも同様。コストパフォーマンスは、キウイのほうが少しだけいいかもしれません。

食事をする時間がない時には、バナナは強い味方です。

食物繊維やビタミンなどを大量に含んでおり、腹持ちもいいのが嬉しいですね。

ただし、バナナを食べるとかゆくなる…という体質の人は注意しましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!