声が老化しないためにしておきたいことって、何があるの?

声の老化老化してくるのは、肌や体だけではありません。

なんと、声も老化してくるのだとか…!

「高い声が出しにくくなった」

「地声がハスキーボイスになってきている」

「なんだか、おばさんっぽい超えになってきたような…」

このような違和感は、間違いではないかもしれません。

しかも、放っておくとますます声は老けてしまいます。

いつまでも若々しく、男性をときめかせるような声を維持するにはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

声が老化する理由とは

声を出しているのは、喉の部分にある「声帯」の役割です。

声帯の筋肉が老化して縮んでしまうと、なかなか高い声が出なくなるそうです。

すると、女性は声が徐々に低くなってきます。

これ以外にも、「声の音量が小さくなる」「ハリがなく、のっぺりとした感じの声になる」「ハキハキした印象のない、メリハリに欠けた声」のように変化したという声もあります。

これをこのままにしておくと、しゃがれた声しか出なくなります。

それに、声帯の機能が衰えますから、話をすると疲れやすくなるという傾向も出てくるでしょう。

つまり、おしゃべりしただけでハァハァ疲れてしまう…ということにもなりかねないのです。

高温も出しにくくなるので、「聞き取りにくい」と人から言われてしまうこともあるかもしれないですね。

 

声が老化しているか、チェックしてみよう

声が老化しているかどうか、簡単にチェックすることができます。

まず、大きく息を吸い込みます。

そこで、大きな声で「アー」と長く息を出してみましょう。

その息をどれだけ長く吐いていられるかを計測します。

女性の場合には、12秒続けば、まだ喉が老化していないということになります。

もしそれよりも先に息切れしてしまったら、もともと声帯が弱いのか、もしかしたら声が老化しているのか…!

 

スポンサーリンク

若々しい声を保つには

若々しい声を保つには、いくつかの方法があります。

まず、日常的に歌を歌うこと。

数日に1回は何曲か歌うような習慣を作るといいそうです。

単調な曲より、声を伸び伸び出せるような声がいいかと思います。

ただし、叫ぶように歌う曲は喉を痛めかねませんので、要注意です。

 

また、喫煙はやめておくべきです。

なかには「お酒は喉に悪い」という人がいますが、お酒は声帯とは関係ありません。

つまり、酒焼けというものは実は存在しないそう。

むしろ、タバコのせいで声が変わってしまう人は少なくありません。

喫煙は声帯だけでなく、肌や健康を害する可能性があります。

できるだけ早くやめたほうがいいでしょう。

 

さらに、腹式呼吸をするようにするのもいいそうです。いい声を出す、たくさん空気を吸ったり吐いたりするためには、腹式呼吸をするといいとされています。

コツさえ覚えれば誰でもできますから、腹式呼吸を覚えておきましょう!

 

できるだけ頻繁に水を飲むのも忘れてはいけません。最後に喉が渇いたままだと、やはりよくありませんよね。

頻繁に水分を補給しましょう。

 

いつまでもキュートな声で「かわいい」と言われるようにしたいですね!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!