肌も体も、脳もアンチエイジング!若い脳をキープするためにしてはいけない習慣

女性が気を付けるべき「老化」は、やはり肌。

ですが、もうひとつ気を付けるべきなのは、体のなかの老化です。

体のなかの老化は、自身がそれに気が付くのが遅くなってしまうため、分かった時には取り返しがつかないことになっていることもあります。

そうならないためにも、体内の老化は早めに食い止めたいもの。

特に、気を付けておきたいのは「脳の老化」です。

一度縮んでしまうと、脳はもう元には戻りません!

脳にダメージを与えるような習慣は避けたいですね。

それでは、いつまでも若々しさと知性を保ち元気でいるために、脳に悪い習慣を知っておきましょう。

緑

スポンサーリンク

脳を老けさせる、悪い習慣を知ろう!

・タバコを吸う

喫煙はやはり脳に悪い習慣です。

アルツハイマーになる確率が高くなるかも!?周囲の人も副流煙で巻き添えにしかねませんので、なるべくタバコは吸わないようにしたほうがいいでしょう。

 

・食生活の乱れ

食生活が乱れていると、やはり体にはもちろん、脳にも悪いそうです。

食事を抜かしてお菓子で我慢したり、食べすぎてしまったりするのもNGです。

特に、栄養素が偏ってしまうと脳が退化しやすくなるそうですから、しっかり食事はとりたいですね。

また、砂糖の摂りすぎも脳にダメージを与える行為です。

甘いものばかり食べすぎてしまうと、脳がうまく働かなくなってしまうかも。

お菓子の食べすぎはほどほどに!

 

・睡眠不足
眠らないと、脳を休めることができません。睡眠不足が続くと、脳細胞が破壊されてしまうことも多いようです。

しっかり寝て、脳を休ませましょう。

 

・眠る時に、顔を布団で覆って寝る

夜寝る時に、布団をすっぽりかぶって寝ないと落ち着かないという人もいるのでは?

ですが、こういう眠り方は酸素が脳にいきわたらない状態になりますので、脳に負担がかかります。

 

これ以外にも、やってはいけない生活習慣があります。

たとえば、具合が悪いのに無理やり仕事や家事をすること。

これは、とても脳を疲れさせる行為だそうです。

また、同じくやってはいけない習慣としてあげられるのが、何も考えないような生活

これではすぐに脳が縮んでいってしまいます。

同様に、人と会話をしない生活もあまり良いとは言えません。

他の人とおしゃべりしたり、コミュニケーションをとることで脳が元気になります。

ストレスを受けることもあるでしょうが、やはり人とのコミュニケーションは大事というわけですね。

 

いろんなことに挑戦したり、正しい生活習慣を送ったりすることで、脳の老化はもちろん、見た目も美しいままでいられるのかもしれませんね!

脳年齢の若い女性でいられる生活習慣を心がけましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!