ウソ!人には見せられない背中ニキビの原因は、こんなところにもあった!

大人になると、意外と出す機会もある背中。

そんな時に、背中にニキビがあったら台無しです。

しっとりと美しい背中を演出したいのならば、やはりツルツルの背中をキープしたいですよね。

背中も乾燥させない!ニキビを作らない!と決めたとして、それではどうしたら、背中をブツブツにしないで済むのでしょうか?

背中美人

スポンサーリンク

背中ニキビの原因

一般的に、背中の肌が荒れたり、ニキビができやすくなる原因として

・シャンプーの流し忘れが、背中の皮膚に残っている

・汗をかいたまま放置した

・ロングヘアーの毛先が、肌を刺激している

・食べ物や睡眠不足など、生活トラブルが肌に出た

・紫外線に当たりすぎた

などといった理由が考えられます。

ですから、

○シャンプーをした後に、背中をキレイにすすぐ

○汗をかいたらすぐにタオルで拭く

○髪の毛はくくるか、短くする

○生活習慣を整え、食生活もちゃんとしたものにする

○紫外線の強い時期に背中を出す時には、日焼け止めを塗る

また、これ以外にもあることが背中ニキビの原因になっているそうなのですが…

 
スポンサーリンク

「肩こり」も、背中ニキビの原因になる!?

肩こりに悩んでいる女性は少なくありません。

仕事や家事で、背中や肩がパンパンに張っているという人も少なくないのでは?

実は、背中の血行が悪くなると、肌荒れにつながることがあります。

血行が悪い場合には、肌のターンオーバーに関わってきます。

角質が背中にたまってしまい、毛穴につまりニキビが生まれる…ということもなくはありません。

肩こりで普段から悩んでいるという人は気をつけましょう。

時に、寒い季節は血行が悪くなりがち。

背中ニキビの原因になっているのかもしれません。

 

簡単にできる、解消法

とにかく、同じ姿勢で作業を続けるのが一番よくありません。

パソコンや洗い物、洗濯物干しなどで同じような姿勢をとり続けるのは避け、定期的にストレッチなどをして体をほぐしましょう。

寒い場所にいるのもいけません。

なるべく着込むようにするのも大事ですが、あまりに涼しいところに体を置いておくと、負担がかかります。

ストレッチのコツもお教えします。

まずは、猫背をやめて背筋を伸ばします。

そして、肩をまわしましょう。

肩を前から後ろにぐるぐるまわして、コリをほぐしましょう。

オフィスなどでは、他の人の迷惑にならないように注意することも大事です。

そして、帰宅したらお風呂に入り、体を温めましょう。

シャワーで済ませがちな人は、たまにはお風呂に入ってみて。

体のコリがあっという間にほぐれていきます。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!