老けて見える洋服の選び方!3つの失敗アイテムを知って、賢い大人の女性を目指す

年齢を重ねると、10代や20代向けのファッションが

似合わなくなってしまうことがあります。

これは悲しいことですが、肌の質感が変わると

起こりがちな現象ではないでしょうか。

昔からお気に入りで身に着けていた洋服やアイテム、

アクセサリーが、もしかしたらあなたを「若作り」、

もしくは「より老けて見える」ようにしているかも。

特に、老けて見えやすいアイテムは避けたいですよね。

それでは、どのようなアイテムや洋服を避ければいいのでしょうか?

黒いアクセ

スポンサーリンク

「黒」「ベージュ」「グレー」の地味色

シンプルイズベスト!と、落ち着いた色の

組み合わせを好む女性は少なくありません。

ただし、全身黒やグレー、ベージュの組み合わせだけでは、

オシャレというよりも老けて見えることもあるようです。

どうせなら、明るい色、キレイなカラーを

ファッションに足したいですよね。

あまりに地味な色は、「無難」という印象を与えますが、

肌をくすませて見せてしまうかも。

どうしても洋服は無難にまとめたいという人は、

靴やバッグ、帽子などで工夫してもよさそうです。

 

小花柄

花柄パンツなどは今年の春に流行したアイテムですが、

あまりに花が細かいようなワンピースやパンツは、

ちょっと老けて見えてしまいがち。 同じように、

細かすぎるチェックやドット柄もやめたほうがいいそうです。

遠くから見ると柄がないように見えるようなものは、

できれば避けたほうがいいみたい。 大きな花柄は、

比較的印象が強いので老けて見えにくいそうです。

ただし、あまりに明るすぎる色合いだと派手になりすぎてしまうかも。

色と柄のバランスには注意して、自分の肌色に似合うものを選びましょう。

 
スポンサーリンク

華奢なアクセサリー

細くて華奢な金のネックレスやアンクレットなどは、

女子の永遠の憧れ。 ですが、あまりに華奢すぎるものは、

つけていても印象が薄いもの。

つまり、マイナスになることもないけれど、

プラス効果もあまりないものだと言うオシャレさんもいるようです。

できれば、大ぶりなイヤリングやピアスを差し色にしたり、

艶っぽいバングルなどで大人らしさを演出しましょう。

 

若くなければ楽しめないファッションもあるようですが、

それだけで終わってしまってはつまらないもの。

大人だからこそ楽しめるファッションもあるのです。

もちろん、肌質を若く美しく見せるようにしていれば、

このような不安とは無縁かもしれません。

ですが、大人ならではのファッションを楽しむためにも、

洋服の選び方を見直してみたり

アイテムを買い足してみてはどうでしょうか?

参考記事:老けて見えるメイク方法から、卒業しよう!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!