「読書が老化を加速させる!?」間違った読書方法から脱却しよう!

秋は読書の季節、なんていうことを言う方も多いのではないでしょうか。

「気になっていた映画の原作本、読んでみようかな」

「前から読みたかったあの小説にチャレンジしてみようかしら」

という女性もたくさんいるかと思います。

実際のところ、読書は知識を深めるのに役立ちますし、

気分転換にももってこい。 本の趣味が共通していて、

男性と盛り上がった経験がある人もいるでしょう。

ですが、気を付けたいのが

「読書が健康に良くない面もある」ということ。

たとえば、本を読み続けると目が疲れ、

視力が減退する可能性があります。

さらに、暗いところで本を読むと、

童謡に目が疲れてしまうかも。

ついでに、同じような姿勢で本を読んでいると、

肩こりになりやすくなったり、

首のシワの原因となってしまう可能性も否めません。

つまり、読書のせいで

肌が老化してしまうこともなくはないのです。

それでは、どのようなことに気を付けて読書をすればいいのでしょうか?

読書の習慣

スポンサーリンク

下を向きすぎない

本を読む時に、つい本を膝の上などに置いてしまい、

それを覗きこむようなポーズをとってしまう人もいるでしょう。

そうなると、頬のお肉が重力に逆らえずに垂れ下がってしまいます。

そうなると、頬全体のお肉がたるんでしまい、

ほうれい線の原因になる可能性もあるのです。

ほうれい線に気を付けている人は、

下に置いた本を覗きこむように読むという習慣はやめるべきでしょう。

参考記事:スマートフォンのいじりすぎで、フェイスラインがたるむ!?その原因と対処法

基本的には、目の高さまで本を持ち上げたほうが

いいとも言われていますが、腕が疲れる場合には、

ポーズを変えてみるのがいいでしょう。

下に向けていた顔を上に向けて首を伸ばしたり、

口をすぼめたりひらいたりして

顔全体の筋肉を動かすようにしてみましょう。

そうすると、顔や肩、首周りの筋肉もほぐれやすくなります。

 
スポンサーリンク

首が凝らないようなポーズを選ぼう

長い時間本を読んでいると、気が付けば

首や肩ががちがちに凝っていた……ということになりがちです。

同じ姿勢をとり続けていると、健康にはもちろん、

肌にもあまりよくありません。 肩が凝ると、

血行が悪くなり、肌の老化につながるからです。

そうなると、肌がたるんだり、首にシワができたりしかねません。

肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、

乾燥しやすい肌質になってしまうかも。

凝った肩は、ストレッチなどでゆっくり伸ばして、

血行をよくするように心掛けましょう。

無理な姿勢で本を読み続けると、特に体に負担がかかります。 できれば、リラックスした環境で本を読むようにしたいですね。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!