「お魚」を食べて、健康的で若い体を保とう!

「お肉よりお魚を食べたほうが体にいいし、美容にも効果的」

というエピソードをよく耳にする……

という方も多いのではないでしょうか。

実際に、魚は美容にもいいですし、

健康な体を保ちたい人にもいいとされています。

若い体を維持するためにも、たくさん魚を食べましょう!

刺身

スポンサーリンク

魚を食べると、どうして体にいいの?

魚に含まれている脂は、多価不飽和脂肪酸と呼ばれているもので、

肉の脂身と比べるとカロリーが低く、

コレステロールもたまりにくいとされています。

魚をたくさん食べることで心臓や血圧、血管の機能を

改善することにも効果的なのだそう。

成人病を防止するためにも、魚はいいということですね。

参考記事:アンチエイジングに効果的な「鮭」の美味しい食べ方!

 

魚の食べ方にも、工夫が必要

とはいえ、魚をただ食べればいいというわけではありません。

たとえば、揚げ物にすると、魚の良質な脂が

体内に取り込みにくくなるとされています。

フライで食べると、魚の中に揚げるために

使用した脂が染み込んでしまうからだそうですよ。

魚のフライを食べ過ぎると、体に悪いとも言われています。

 

魚を食べて美しくなりたいのならば、鮮度を重視しましょう。

お刺身がベストとも言われています。

これに次いで、蒸し料理や煮つけ、魚のスープなどもいいそうです。

焼き魚も簡単にできるのでよく食べるという人もいそうですが、

焦がさないように注意したいところです。

味も左右しますが、焦げは体にもよくありません。

 

スポンサーリンク

これ以外にも、

オリーブオイルを使った魚料理も体にいいとされています。

魚にオリーブオイルをかけて、パン粉で包んでから

オーブンで焼き上げる料理などは、その典型です。

それにニンニクやパセリなどを乗せて焼くと、

香りも素晴らしい料理になるでしょう。

そのような工夫で塩分過多にもならなくてすむそうです。

 

それでも揚げ物が好き!

どうしても魚をフライで食べたいという場合には、

パン粉をたっぷりまぶす代わりに、片栗粉を使うといいそうです。

片栗粉を薄くまぶし、それを揚げることで、

良質な魚自体の脂を失わなくてすむでしょう。

 

季節の魚を料理に取り入れることで、

より効率よく、魚から栄養をとることができるでしょう。

魚が苦手な人は、すりつぶしてミンチ状にして、

スープに入れたりおでんにしたりして

食べるのもいいかもしれません。

 

簡単に魚を食べたいのならば、お刺身のパックを

スーパーから買ってくるのもいいでしょう。

それをご飯の上に載せて食べれば、

食べごたえのある丼が完成!お腹も満たされるはずです。

ただし、魚だけ食べていても栄養が偏ります。

野菜なども効率的に食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!