お尻やお腹についたポッコリセルライト、どうしたら解消できるのか

年を取るとともに、体重が増加してしまう女性は多いようです。

体にお肉がついてしまった場合、ガリガリから普通体型になったのならば

むしろ若く見られることもあるかも。

しかし、あまりに体重が増加してしまうと、

老けてみられる一因になるかもしれません。

そんな多くの女性を苦しめているのが「セルライト」です。

肌の表面がボコッと盛り上がっているように見えるので、

セクシーにも感じられませんし、見た目も美しくありません。

では、そこから脱却するにはどうすればいいのでしょうか?

そもそも、セルライトって何?

セルライトと聞いて、「脂肪の塊?」というイメージを持っている人もいます。

これは、当たらずとも遠からずといったところです。

スポンサーリンク

セルライトとは、肌の下で脂肪と老廃物が一緒になって固まってしまい、

カチカチの塊になっているものです。

太もも、お尻、お腹など、脂肪がつきやすい場所に現れるそうです。

 

実は、成人女性のおよそ80パーセントはこのセルライトに苦しんでいるそうです。

一度セルライトが肌の下にできてしまうと、自然に消滅することはありません。

むしろ、どんどんと痩せにくい体質になってしまうという、

悪循環が生まれてしまうかも。

体がむくんだり、末端が冷えやすくなってしまうかもしれません。

 

セルライトを除去するには、エステにかかってもいい

いわゆる、『メディカルダイエット』というものです。

機械の力を借りて、健康を取り戻していきます。 電磁波の力を借りて、

たるみやシワ、セルライトなどと治療する機械もあるそうです。

肌を引き締めて、若返りを図ります。 贅肉が落ちたり、

たるんでいた肌が引き締まったりする効果だけではありません。

機械によっては、コラーゲンを生成する手助けをしてくれたり、

新陳代謝を促進してくれたり、セルライトそのものが消えていくなどして、

肌の若さが徐々に戻ってくることでしょう。

スポンサーリンク

マッサージの力を借りて、セルライトを除去しよう

マッサージをすることで、老廃物を体から押し出して、

セルライトができにくい体にすることができるようです。

血行が悪くなったり、リンパの流れが滞ったりして

生まれてしまうむくみにも気を付けたいもの。

マッサージを受けることで、むくみとは無縁の体質に近づけるかもしれません。

参考記事:えっ!?「コーヒーの出し殻」で、セルライト対策ができちゃう!?

自分で運動をして、基礎代謝力を上げる

ジョギング

セルライトができてしまっているということは、食べているものの栄養が

体の中で余ってしまい、脂肪として体に蓄積されているのかもしれません。

「運動しなくなってしまった」

「若い頃と食べるものが変わらないのに、量や内容を見直していなかった」

という可能性があります。 血行が悪いと脂肪も燃えにくいもの。

そして脂肪がつくと、運動をするのが億劫になってしまうもの。

これこそ、まさに悪循環です。

 

セルライトができやすいのは、下半身とされています。

腰や太もも、お腹、お尻などに溜まったセルライトは、

やはり自分で運動して減らすしかないのかもしれません。

体に無理のないようなウォーキングやストレッチを行って、

少しずつセルライトを減らしていくのが確実とされているそうです。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!