お風呂に『塩』を入れるだけで、乾燥対策ができる!

乾燥肌で悩んでいる女性は、驚くほど多いもの。

どうしたら肌が乾燥しなくなるのか、悩んでいる人もたくさんいます。

こんな時に、「塩」を試してみてはどうでしょうか。

もちろん、食べるのではありません。

なんと、お風呂に入れてみるといいのだそうです。

塩風呂

 
スポンサーリンク

塩を用意するだけで、準備OK!

精製されていない塩であれば、

スーパーで売っているような塩でもかまわないそうです。

精製されたものは、出荷前に高温処理がなされています。

この工程を経ていると、塩本来のパワーが出てこないこともあるそうです。

CMで有名な『伯方の塩』なんていう商品も、

自然塩ですから使用してもいいそうです。

ちょっぴり高級なイメージがあるバスソルトを

わざわざ購入することもないというわけです。 これは経済的ですね!

 

お風呂に入れるって、どうすればいい?

やり方は簡単。 「入浴する前に、塩をひとつまみ浴槽のお湯に溶かす」だけです。

最初は30グラムから50グラムがいいとも言われていますので、

ドバッと入れすぎないようにしたほうがいいでしょう。

そして、お湯にはゆっくりとつかりましょう。

あまりに熱いお湯は、すぐ出たくなってしまうのでNGです。

心地良く感じる温度のお風呂に入りましょう。

 

最後は、シャワーで体を軽く流しましょう。

そのままお風呂から上がると、体がかゆくなってしまうかも。

 

塩風呂の効果は絶大です

塩に含まれているマグネシウムは、保湿効果があります。

お肌がつるつるとすることでしょう。

 
スポンサーリンク

ミネラルもたっぷり入っていますから、乾燥肌にも効果があるそうです。

また、毛穴が詰まりやすい・ブツブツ毛穴に悩んでいる人にも

いいとされています。 塩効果で、毛穴の汚れや皮脂が落ちていくことでしょう。

 

また、お風呂に塩を入れることで、体があたたまりやすくなるともされています。

新陳代謝も活発になり、汗をかきやすく、老廃物も排出されやすくなります。

むくんでいた体もスッキリするかもしれません。

脂肪が燃えやすくなるともされていますので、

ダイエット効果まであると言われています。

参考記事:年をとると、体が痩せにくくなる!? その理由はなぜなのか

おまけに、女性に嬉しい特典もあります。

塩は、お風呂場に残りやすいヌルヌルやカビなどを

防ぐ効果があるとも言われています。

風呂場の汚れに悩んでいる方は、それが軽減するかもしれません。

残ったお湯を洗濯に使うと、洗濯物の色落ちを防止したり、

色あせしないようになったりするとも言われています。

 

こんなに万能な塩のお風呂、試さない手はありませんよね。

是非一度、チャレンジしてみて下さい!

 
スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!