若さを保つ水分補給のルールとNG項目

冷たい水「美容のためには白湯を飲むといい」「いやいや、毎日2リットルの水を飲むといいんだよ!」なんて、水分補給のやり方や内容にはいろいろな説がありますよね。

もちろん、何事もほどほどにしたほうがいいでしょうが、老化しにくい水分の摂り方、ルールは存在するのでしょうか?

 

糖分がたくさん入ったジュースや清涼飲料水のガブ飲みはやめる

甘い飲み物って、疲れている時や暑い時に妙に飲みたくなりますよね。

ですが、こちらを飲みすぎると当然ですが太りやすくなりますし、肌にもよくありません。

スポンサーリンク

肌がたるんでシワができたり、くすんでしまって目の下にクマができたり、シミの原因になったりすることもあるでしょう。

特に、清涼飲料水には気を付けたいもの。

口当たりがいいからグビグビ飲んでしまう人もいるようですが、飲みすぎはよくありません。

スポーツの直後、炎天下の下であったとして、美容にも健康にもよくありませんから避けたほうがいいですね。血糖値が上がらないような飲み物を選びましょう。

 

冷たい飲み物を飲みすぎると、内臓が冷える!

これからまだ暑い季節が続きますが、冷たいドリンクを飲みすぎるのもおすすめできません。

内臓を冷やしてしまうからです。

内臓が冷えると、代謝が悪くなります。

そうなると、太りやすい体質になってしまいますし、疲れがとれにくくていつもだるい…なんてことになりかねません。

出来れば常温の飲み物を口にしたほうがいいでしょう。

ただし、いったん開封した飲み物は品質の点からも、早めに飲みきったほうがいいかと思います。

 

スポンサーリンク

おすすめの飲み物とは?

それでは、おすすめの飲み物とはどんなものがあるのでしょうか?

・緑茶

緑茶には気持ちをリラックスさせてくれるテアニンという物質が入っています。

また、カフェインが入っていますので、朝の目覚めにもいいかも?

・コーヒー

コーヒーを飲む人は、シミができにくいというエピソードがあります。

本当かはまだ不明ですが、飲みすぎなければ健康にも美容にも役立つかもしれません。

午後にコーヒーを飲みたくなったら、ノンカフェインのものを選んでみたらいいかもしれません。

また、豆乳とわってソイラテにして飲むのも美味しいですし、体にも優しいです。

・ハーブティー

寝る前には、ハーブティーなどがおすすめです。

できるだけ気持ちがやわらぐような成分が多く入ったものを選びましょう。

このように、飲み物によって飲む時間帯や飲み方を工夫してみましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!