老化と共に太ももについたセルライトに効果的な「ドライブラッシング」

年をとると、お肉がつきやすくなります。

代謝が落ちてしまったこと、運動する機会が減ってしまったことなどがその原因で挙げられるかもしれませんが、ダイエットしても運動しても、なかなかセルライトって落ちにくいもの。

では、足についた憎いセルライトは、どうしたら落とすことができるのでしょうか?

セルライト

ナッツを食べるようにする

ついしてしまいがちな間食ですが、ナッツを選んでみるのもダイエットのコツのひとつ。

アーモンドやくるみなどを選んで食べましょう。

スポンサーリンク

ビタミンやミネラルといった栄養素、そして抗酸化力も豊富です。

血行も良くなりますし、血管の若返りも期待できるようです。

ただし、チョコレートでコーティングされたもの、砂糖がまぶしてあるものはNGです。

夜ご飯には、必ず良質のたんぱく質を食べる

たんぱく質をとるのも、健康と美容に欠かせません。

良質の肉や魚、大豆製品や乳製品などを食べるようにしましょう。

そうすることで、成長ホルモンが分泌されます。

野菜だけを食べるのではなく、たんぱく質も積極的に食べるようにしましょう。

お酒を飲んでもいいけれど、種類にこだわろう

お酒を飲みたいという女性には、ポリフェノールが入った飲み物がおすすめ。

赤ワインなどが代表的な飲み物です。

ポリフェノールはアンチエイジングにいいと言われています。

血管を強化してくれるという話がありますから、その効果を狙いましょう。

スポンサーリンク

マッサージも忘れずに!

セルライトを解消するには、マッサージが効くと言われています。

食事だけではなく、全身を揉んで、セルライトを除去しましょう。

肌もくすんで、たるみがちな肌を引き締めるのです。

それでおすすめなのが「ドライブラッシング」だそう。

お風呂で使うブラシ(ボディブラシ)で、体をマッサージするというものです。

お風呂タイムにやるのではなく、乾いた体をこするのがポイントだそう。

決して、濡れたブラシで体をこすってはいけません。臨む効果は得られないでしょう。

血行が良くなり、代謝もアップ。冷えも解消されるそうです。

老廃物やセルライトを流して、スリムな体を手に入れられるのがポイントです。

ただし、こすりすぎはNGです。「痛い」と思うようなら、使用を控えましょう。

できれば動物の毛からできたブラシを選んだほうが、肌には優しいでしょう。

柔らかすぎるブラシの毛では、体をこすっても血行が良くなりにくいでしょう。

足のセルライトを除去したい場合には、リンパの流れにそって、足の先からマッサージしましょう。

円を描くようにしながら、マッサージを続けます。

このマッサージは、むくみにも効きます。足がむくみやすい人はチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!