若返るために「内臓」のアンチエイジングを始めよう

内臓体の中から若さを保ちたいのならば、まずお手入れすべきなのは「内臓」です。

見た目の若々しさは、内臓の若さと直結しています。

内臓を高く保つためには、やはり生活習慣が大事なのだとか。

つまり、努力次第で若さをキープすることは可能なのです。

ちなみに、間違った生活習慣を積み重ねると、内臓はどんどん老化してしまいます。

特に、体の「糖化」と「酸化」は防がなければいけません。

 

こんな生活は、内臓を老化させる!

まず、ストレスフルな生活は送らないこと。

ストレスは内臓を疲れさせ、動きを鈍らせます。

また、喫煙も内臓に負担をかけます。できるだけ吸わないようにするか、禁煙すべきでしょう。

ハードな運動も、逆に内臓を疲れさせることがあります。

スポンサーリンク

それ以外にも、座り仕事の方、1日中同じ体制で仕事をしている人も注意すべきでしょう。

また、食事内容にも気を配るべきです。

「スイーツが大好き」「ラーメンを毎日、欠かさず食べている」方。

「朝ごはんは食べない」という方。

「野菜嫌い、炭水化物が好き」という方。

「食べるのが好きで、とにかくたくさん食べる」という方。

「食べた後に横になり、すぐに寝てしまう」方も、内臓が老化しやすいそうです。

 

内臓を若返らせるために、するべきこと

それでは、内臓を若返らせるためにはどういったことをすべきなのでしょうか。

 

・食物繊維をたくさん食べるようにする
食物繊維は、やはり美容の味方です。

まずは食物繊維を食べてから、メインディッシュを食べるのもいいでしょう。

野菜やキノコ類、海藻類などがおすすめです。

そうすることで血糖値の上昇が防げます。

 

・カフェイン入りの飲み物をたくさん飲む
カフェインが入った飲み物は、内臓を若返らせてくれるそうです。

たとえば、お茶やコーヒーにもカフェインは入っていますよね。

これ以外にもハーブティ、たとえばカモミールティなどにもカフェインは含まれています。

ただし、同じ飲み物ばかりを大量に飲みすぎると体調を崩すかもしれませんので、注意しましょう。

 

・酸化を防止する食べ物を積極的に摂取する
抗酸化物質をできるだけ多く摂ることが、若返りの秘訣とも言えます。

たとえば、ポリフェノール。

ワインに含まれていることが有名ではありますが、ブロッコリーやタマネギにも含まれています。

また、カボチャなどに多く含まれているカロテン。

フルーツなどにも多く含まれているビタミンC。

アーモンドなどにも入っているビタミンEなどもおすすめです。

食事で足りない分は、サプリなどを愛飲してもいいでしょう。

スポンサーリンク

 

肌や内臓を老化させるという噂の麺類…それでも、どうしても食べたい時に知っておくべきこと

カルボナーラ食べてはいけないと思っていても、ついつい食べたくなるのが「麺類」です。

麺類って太るんでしょう?でも、食べたいなあ…なんて考えている方は、まず麺類の基礎知識を学んでみてはどうでしょうか。

 

カロリーが高いラーメンやパスタは避ける

麺類も、その種類によってカロリーがまったく異なります。

たとえば、カップラーメンやパスタは、やはりカロリーが高いもの。

同時に、ソースや一緒に入れる具などがカロリーが高かったり、脂っこかったり…という側面もあります。

反対に、そばやそうめん、うどんはローカロリーと言われています。

ただし、そうめんは油が練り込まれているので、そこまでヘルシーな食べ物ではないことも、同時に心に留めておきたいですね。

 

どうしても食べたいなら、あっさりとした味付けのものを選ぶ

どうしても炭水化物が食べたいのならば、ソースやスープなどをあっさりした味付けのものにしてみましょう。

食品成分表のそばにカロリーが書かれていますから、そういうものもちゃんとチェックしましょう。

パスタの場合には、やはりカロリーが高いのはクリーム系だそう。

生クリームやバターがたっぷり使われていたり、油脂の多いベーコンが入っているからと言われています。

それよりは和風の味付けのものやトマトソースなどを選ぶべきだそうです。

ラーメンは、できるだけ醤油味、塩味などにしましょう。

とんこつ系やつけ麺は特にハイカロリーになりやすいとの声があります。

 

トッピングに野菜

麺類は、どうしても炭水化物と脂質の塊というイメージがあります。

そのイメージを覆すには、野菜をたっぷりトッピングしてみてはどうでしょうか。

パスタならば、野菜がたくさん入っているものや、先にサラダを食べること。

ラーメンならば、ホウレンソウや小松菜、もやしなどをトッピングしてみましょう。

「ベジ・ファースト」を意識したほうが、痩せやすい体質になれるかもしれませんね。

麺よりも、トッピングでお腹を膨らませるようにしましょう。

ただし、肉のトッピングは抑えめに!ベーコンやソーセージも、大量だと太りやすくなります。

うどんやそばには、たまごやわかめ、きのこ、山菜などを入れるといいそうです。

ダイエットを意識している人は、つゆまで飲まないようにしましょう!

 

夜よりも、昼の時間帯に食べる

夜よりも、昼の時間帯に麺類を食べたほうがいいそうです。

どうしても夜に麺類を食べたいのならば、そばやうどんなどのほうがいいでしょう。

ちなみに、うどんとそばはカロリーに大きな差はありませんが、血糖値の上げやすさでいうと、そばのほうがいいと言われています。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!