汗がくさく、ドロッとしたら老化のサイン?「正しい汗」のかきかたを学ぶ

最近、汗がなんだかベトベトしている気がする…。

昔より匂いがするような…?

もしかしたらあなたの汗質が、若い頃と変わってきたのかもしれません。

さらっとした汗から、匂いが強くて「濃い」汗をかくようになったという人は、ちょっと気を付けたほうがいいかもしれません。

夏の汗

汚れた汗の原因とは

「汚れ汗」とも言われる、濃い汗の原因。

スポンサーリンク

その原因は、食生活や生活習慣にあるようです。

たとえば、「肉や脂っこい食べものが大好き」「夏は氷入りの飲み物、冷やしたものばかり飲む」「お酒を毎日飲む」という人。

そして「喫煙者」「運動不足」という人、女性に多い「冷え症」「便秘」という人も、汗が濃くなりやすいそうです。

クサイ汗の原因は

汗が臭く、ネトッとしたものになる原因は、ずばり、老廃物が汗とともに排出されているから。

排出されないよりはされたほうがいいでしょうが、匂いの原因になるのは良くありません。

特に冷え症の人は、汗が臭くなりやすいとされています。

体温調節をしたり、体を冷やすような習慣は遠ざけるべきでしょう。

汚れ汗は、老化の原因になる

冷え症と「汚れ汗」は、実は切っても切れない関係です。

「私は汗をかきにくい体質」と長所のように考えている人がいるかもしれませんが、汗をかきにくい体質は決して長所ではありません。

汗をかかないと、老廃物が出ていきません。

そうなると新陳代謝も悪くなり、汗が臭くなりやすくなるのだそう。

それどころか、肌がくすんだり、むくんだりする原因になりかねません。

スポンサーリンク

クサイ汗と夏の冷え症を改善するには、どうしたらいいの?

それでは、どうしたら若い頃のようなさらっとした汗になり、新陳代謝も活発になるのでしょうか?

まず、食生活を変えましょう。

野菜を多く摂ること、脂っこいメニューはたまにはいいですが、毎日は避けましょう。

豆類やヨーグルトなども積極的に摂るべきです。

また、水はたくさん飲むようにしましょう。

水分を摂らないと、ドロドロとした汗をかきがちになります。

また、冷たい水を一気飲みするようなことはやめて、常温の水をちびちび飲んだほうが体にはいいそうです。

水以外も、冷たいアイスクリームやジュース、食べものなども食べすぎは控えましょう。

さらに、入浴時には半身浴がいいそうです。

「本当に半身浴っていいの?」と思う人もいるかもしれませんが、サウナや熱いシャワーを一気に浴びるより、じわじわ汗をかいたほうがいいそうです。

その時には、水分補給を忘れずに!

そして、ストレスを受けやすいと自覚している人は、リラックスするようにしましょう。

できるだけ安らかな気持ちで、呼吸を落ち着かせましょう。

 

ドロドロとして臭い汗は、老化を自覚させてくれるのに充分です。

できるだけ、“いい汗”をかくようにしましょう!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!