カロリーゼロの食品、飲料で逆に下腹ポッコリ!?そのからくりを知る

砂糖は太るから摂らない。

でも、代わりに人工甘味料ならいいよね、カロリーゼロだし…と思っているあなた。

それは大きな勘違いかもしれません。

最近では、カロリーゼロをうたったジュースやお菓子なども販売されています。

しかし、カロリーゼロの人工甘味料だからといって、体内で脂肪に変わらないというわけではありません。

大人の女性ならば、体の中に入れる食品や飲料のこともきちんと知っておきましょう。

炭酸ジュース

スポンサーリンク

低カロリー、カロリーゼロ商品の“甘い罠”

そもそも、人工甘味料とは砂糖の代わりに甘味を感じさせるために人工的に作り出されたものです。

カロリーが低いけれど、甘みは砂糖より強い成分はたくさんあります。

しかし、人工甘味料を定期的に摂取していると、体が太りやすくなるという話もあるそうですよ。

そんなことが本当にあるの!?なんて驚く方もいるかもしれませんが、これは事実なのです。

 

たとえば、アステルパーム、サッカリン、スクラロースと呼ばれる人工甘味料。

これらを摂ると、脂肪が付きやすくなってしまうという説があるのだとか。

これはなぜなのでしょうか?

たとえば、毎日の食事で、私たちが摂取している糖質はそのままエネルギーになります。

自然の食材から摂る糖質であればエネルギーになるのですが、人工甘味料はカロリーがないため、エネルギーに変換することができないそうです。

そのため、カロリーを補おうと、食事をしているのにも関わらずさらなるエネルギーを欲して食欲が増加してしまうのだとか。

このように、人工甘味料を摂り続けていると、だんだんと糖質をエネルギーに変える力そのものが衰えてきてしまいます。

そうなると、上質の糖質を摂ったとしても、エネルギーに変換されることなくそのまま脂肪になっていってしまうのだそう。

これこそ「悪循環」ですね。

これ以外にも、カロリーゼロの飲料ジュースを飲み続けると太りやすくなるという説もあります。

 

どうしても炭酸ジュースが飲みたいという方は、炭酸水にレモン果汁やジンジャーを絞り入れて、お手製の炭酸ジュースを作ってみてもいいかもしれません。

また、人工甘味料がたっぷり入ったお菓子は、毎日食べることを控えましょう。

ただし、糖質をまったく摂取しないような食生活というものにも問題があります。

我慢すればするほど、体や気持ちに負担がかかることも。

無理はせず、ストレスを溜めないように食事を楽しみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!