「秋になって体重増加!」を避ける、スタイル維持のための“秋の食材”の正しい摂取方法

秋になると、ついつい食べすぎちゃうことって増えますよね。

でも、太りたくない!食べたいけれど、スリムなままでいたい!

という人も多いのではないでしょうか。

それでは、どうしたら秋でも太らずに済むのでしょうか?

秋の食材

スポンサーリンク

お米の量に気を付ける

おかずが美味しい上に、白米も美味しい。

そうなれば、ごはんを食べすぎてしまうのはもはや必然かもしれません。

ですが、できれば茶碗に1杯程度に留めておくようにしましょう。

それよりも食べたい時には、朝や昼などの時間帯にして、

夜はたくさん炭水化物を摂取するのはやめること。

また、油こってりのメニューや、

脂肪分の多いメニューなどは避けましょう。

ごはんが好きな人は、細かく刻んだこんにゃくなどを

足してみたら少しカロリーが抑えられるそうです。

きのこをたっぷり食べる

美味しいきのこは、秋の味覚のひとつ。

実は栄養素もたっぷり入っていますから、

スープや炊き込みごはん、

お肉や魚との組み合わせにもバッチリです。

しかも低カロリーなので、たくさん食べても太りません!

しいたけ、えのき、まいたけ、エリンギなど、

その日の気分に合わせて変えてみては?

肉厚のきのこを選べば、満腹感も出てきます。

ごはんに入れてかさまししても良さそうです。

 
スポンサーリンク

秋の味覚の「魚」も、しっかり食べよう!

秋の魚といえば、サンマです。

サンマは普通に焼いてもいいですし、かば焼きにしてもOK。

「あんまり魚は好きじゃない」という人は、

ランチに食べてもいいでしょう。 これ以外にも、

鮭もオススメです。 こちらはお刺身で食べてもいいですし、

焼いても美味しいのが嬉しいですね。

 

「イモ」の摂り方は、考えて!

秋になるとジャガイモやサツマイモが美味しく感じられます。

それ以外にも

カボチャや里芋の煮物やスープ、汁物を食べたくなる人も多そう。

それ以外に、ナッツも秋にかなり出回るそうです。

イモは、炭水化物が多く含まれているので、

食べる時にはお米の量を減らしたほうが良さそう。

しかしながら、満腹感があるのでヘルシーな味付けで仕上げれば、

スタイル維持に役立ちそうです。

また、食物繊維もたっぷり含まれているので、

ジャガイモやサツマイモをふかしておやつに良さそう。

参考記事:サツマイモは、老化防止に役立つ野菜だった!

ナッツも、お菓子に入っているものではなく、

そのものを食べるようにすればおやつとしては超優秀です。

イモに関しての注意としては、フライにするような、

油をたっぷり使う調理法は避けましょう。

それ以外にも、カブやチンゲン菜、いんげんなども

秋の食べ物とされていますので、こちらもチェックしてみて。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!