最新版!日焼けを促進させる「食べ物」が新たに判明した!

美肌にこだわって生活している女性にとって、「日焼けしない」ことはもはや常識です。

健康的な日焼けは美しく見えることもありますが、過度に紫外線に当たる行為は肌によくありません。

特に、7月から8月にかけて、紫外線の量は1年を通して一番高くなるとされています。

そして、 実は、その日に口にした食べ物によって、日焼けしやすい肌体質になってしまうことがあるそうです。

レモンやキュウリなどを朝に口にすると、その日は日焼けしやすい肌になってしまうという話は有名ですが、他にもいろんな食べ物があるそうです。


日焼けを促進する食べ物って、どんなものがあるの?

そば

・レモン(特に皮の部分)

・キュウリ

・キウイ

・パセリ

・セロリ

・野沢菜

・そば

これらの食べ物には、ソラレンという成分が入っています。

スポンサーリンク

これは感光物質と呼ばれており、紫外線に当たると、日焼けしやすくなる成分ともされているそうです。

これらの食べ物は、朝から昼にかけて、特に日が出ている間は、食べないほうがいいという見解が出てきたのだそうです。


レモンなどはビタミンCがたっぷり入っているので、どちらかというと日焼け対策に効果的なイメージもありますよね。

でも、残念ながら日焼けを促進するソラレンが入っています。

特に気を付けるべきなのは、皮だそう。

レモンの皮ごとすりおろしている料理やスイーツなどは注意すべきでしょう。

どうしても食べたい場合には、朝や昼間は避けるべきだそう。

夜に食べるのは問題ないとのことです。

そもそも、海外から輸入したレモンの皮は、しっかり洗わないと農薬がついていることもあります。

国内産のレモンのほうが安心して口にできるでしょうから、その点にも配慮したほうがよさそうですね。


おそばもヘルシーで肌に良さそうというイメージがありましたが、朝食や昼食に食べるのはあまり勧められないという意見があるとのことです。

紫外線に当たると、肌が日焼けするだけではありません。

シミやシワができてしまい、肌が老化してしまいます。

しかし、肌の老化は食べ物と紫外線に気を付けていればいいのかというとそれだけでは足りません。

きちんとお肌をお手入れをしてあげなくてはいけませんよね。

「まだ若いから大丈夫」などと考えていると、肌があっという間にシミだらけになっちゃうかもしれないんです!

でも、きちんとお手入れと言われても何がいいかわからないし面倒ですよね。

以下の美容液は日焼けによるシミやシワに効果があるのにこれ1つでOKなんです。

簡単にお肌の手入れができる美容液

あまりに無計画に日差しに肌を晒しつづけると、皮膚がんを発症することもあるのだとか。

食べ物を気にするだけでなく、日焼け止めを塗る習慣を身につけたほうがよさそうですね。


肌を老化させないためには、まずは日焼け止めを塗るようにすること。

そして、口にする食事の内容にもしっかり気を配ることが大事なのかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!