肌老化の原因のひとつ「低体温症」を予防する

たびたび耳にする「低体温」。

平均体温は通常ならば36度台ですが、低体温の女性は

35度代にまで下がっている人もいるそうです。

実は低体温はかなり危険なものだそう。

体温が1度下がると、免疫力もぐっと低下します。

さらに老化の原因となることも多いとされています。

生姜

 

■そもそも、低体温とは何なのか?

人間の体温は、平均36.5度とされています。

この体温が人間がもっとも活動しやすい温度ともされているそうです。

低体温だと、とにかく体が冷えやすくなります。

たとえば、お腹を触ってみましょう。

おへそのあたりを手で触ってみて、他の部位よりも冷たく感じたら、

内臓が冷えているという証拠かもしれません。

実は体温が36度以上あったとしても、お腹が冷えてしまっていると、

婦人科の病気にかかりやすくなるとされています。

低体温症がいかに危険なものかがよくわかりますね。

参考記事:肌をつるつるにしたいのならば、低体温のカラダをあたたかくしよう!

 

■低体温だと、体や皮膚も老化しやすくなる

肌に悪いとされており、老化の原因となる活性酸素を退治するには、

酵素が必要になります。

低体温になると、この酵素がうまく機能しなくなります。

さらに、低体温のせいで血流が悪くなってしまうと、

肌トラブルだけでなく太りやすい体質になります。

血液がドロドロになりますし、男性の場合には薄毛になりやすくなります。

もっと恐ろしいのが、ガン細胞が活発化しやすいのも

体温が35度くらいの時だそうです。

そうなると免疫力も落ちますし、代謝も悪くなります。

 

■低体温の原因とは

・食事制限ダイエット

栄養を十分に摂らないようなダイエット法は、低体温の原因となりがちです。

・過度のストレス

自律神経のバランスが悪くなると、低体温になります。

・冷房で体を冷やしすぎる

冷房で体を冷やしすぎると、低体温になりかねません。

 

■低体温を解消するには

・体を温める食品を摂取する

ニンニク、ショウガなどが効果的です。

それ以外にも、ネギや根菜などが効果が高いでしょう。

・サプリメントを摂取する

ビタミンEや高麗人参のサプリを飲んでみましょう。

また、漢方薬なども効果があるそうです。

・ウォーキングなど、運動を取り入れる

ジョギングや筋トレなどでなく、長時間ゆったりできる運動を選びましょう。

無理ない程度に持続できるウォーキングをすることで、体の中から温まります。

そうすることで、低体温の症状が良くなることでしょう。

ウォーキングをする時間がない方は、ストレッチでもいいですね。

家のリビングでもできるストレッチなどで、体をゆったり動かしましょう。

お肌のアンチエイジングならこれ!