「汗」「過度な洗顔」「エアコン」……あの生活習慣こそ、夏の乾燥肌を招いている!?

乾燥するのは冬だけ、夏は紫外線対策さえしておけばOK!と思っている方、

多いみたいですね。 ですが、夏だって乾燥対策は欠かせません。

夏にケアを怠ると、肌がカサカサになってしまうかも!?

では、どうしたら夏でも潤った肌をキープできるのでしょうか?

夏の乾燥対策

 
スポンサーリンク

夏に乾燥する原因とは

・汗をかいて乾燥する

汗をかくとスッキリしますが、汗が流れていくと、

肌を保護してくれている“皮脂膜”というものが押し流されたり、

肌細胞から水分が蒸発していくことが増えます。

すると、肌は乾燥しやすい環境になるのです。

さらに、汗と一緒に保湿成分が流れ出してしまうこともあります。

この保湿成分は『セラミド』とも呼ばれているもので、

失うと肌がカラカラになってしまうことも。

汗はきちんと拭きとり、保湿成分などが豊富な化粧水でケアを行いましょう。

 

・紫外線のせいで乾燥する

紫外線を浴びると、肌が弱ってしまいます。

たとえば、ターンオーバーという肌の再生ペースも、

紫外線のせいで乱れてしまうことがあるようです。

肌が上手に働かなくなり、乾燥肌になってしまうこともあるようです。

また、紫外線を浴び続けると、水分を保持することが難しい、

弱い各層ができてしまうことがあります。

そこにまた紫外線を浴びてしまうと、肌の奥まで紫外線が届いてしまい、

肌に必要なコラーゲン繊維やエラスチンと呼ばれる成分を

破壊されてしまうそうです。日傘や帽子で紫外線を防止したり、

日焼け止めをちゃんと塗ったりするべきでしょう。

 
スポンサーリンク

・エアコンの冷気で乾燥する

会社や喫茶店、レストランでも「寒すぎ!」というくらい

冷房がかかっているところがあります。

上着などで防寒すればいいでしょうが、体に直接風があたり続けると、

やはり肌にはダメージがあります。

エアコンを使用し続けると、室内の空気はどんどんと乾燥していきます。

これはエアコンに限りません。扇風機も同じです。

暑い日に、エアコンの効いた涼しい部屋に入ると、気持ちがいいですよね。

ですが、急激に温度差がある場所に出入りすると、肌に悪いともされています。

なるべく自己防衛するようにしたいものです。

参考記事:夏はエアコンの冷風直撃に注意!目元を乾燥から守るための方法とは

・顔の洗いすぎで乾燥する

夏に汗をかいたり、顔がベタベタしたりすると感じると、

毎日何度も洗顔してしまいがちです。

ですが、しつこく洗顔をすると顔の皮膚から水分が失われてしまうかもしれません。

石鹸や刺激の強い洗顔料などは、毎回の洗顔に使わないようにしましょう。

せめて、1日1回くらいがベターです。

 

夏でも乾燥しやすい環境や生活習慣というのは、たしかに存在するのですね。

気を付けましょう!

 
スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!