美肌の天敵「界面活性剤」の正しい使い方 使用しすぎると肌の老化を招く!?

化粧品が好きな人、肌が弱い人はたびたび耳にしたことがあるであろう「界面活性剤」。

ただ、聞いたことはあってもどんなものかはわからない、体に悪いものじゃないんでしょう?と思っている方も多そうです。

ですが、その成分についてしっかり学んでおくことで、老化を防げるかもしれません。

それでは、その中身とはどんなものなのでしょうか?

シャンプー

界面活性剤とは、どんなものに入っているのか?

そもそも、この成分は何に含まれているのでしょうか?

有名なものだと、洗剤です。

スポンサーリンク

食器用や洗濯用の洗剤、柔軟剤にも含まれているでしょう。

さらに、身近なものだとシャンプーやリンス、ボディーシャンプーにも入っているのだそうです。

また、ファンデーションなどの化粧品の成分表にもその名前を確認することができるかもしれません。

界面活性剤が、美肌の天敵とされる理由

肌に触れるものなのに、肌に悪いと言われることが多いこの成分。

それは果たしてなぜなのでしょうか?

私たちの肌の表面からは、皮脂が分泌されています。

この皮脂は、多く分泌されるとニキビや吹き出物の原因となることもあるとされています。

しかし実のところ、皮脂は外部からの“侵入者”から、肌を守ってくれているのです。

その皮脂を、界面活性剤は溶かしてしまいます。

そうなると、肌が乾燥したり、保湿をしているのにつっぱったような感触がしたり、肌荒れの原因になったりするのです。

肌がもともと弱い方が界面活性剤がたくさん入った化粧品やシャンプーを使うと、肌荒れを招くことになってしまいます。

できるだけ、そのような商品を避けて肌が弱い方専用のものを利用する。

そうすることで、肌の乾燥やつっぱり、肌荒れは防ぐことができるのだそうです。

スポンサーリンク

界面活性剤にも、天然のものと合成のものがあります。

できれば天然のものを選べば、まだお肌に優しいそうです。

使用する時には、できるだけ最小限の量にしましょう。

また、シャンプーやリンス、ボディーソープなどはできるだけすすぎ、化粧品などはしっかりクレンジングして落としましょう。

界面活性剤を使用していない美容液みつけました

 

有害な化学物質を肌に着け続けると、健康にも悪いですし、何より老化のスピードが速くなるとのこと。

量が少ないからって安心してはいけません。

その少量の物質が、あなたの肌を老いさせていくのかもしれないのです。

特に、皮膚から吸収されたものは、一度体内に入ると分解されにくいとも言われています。

そのためにも、肌に溜まらないように商品を選ぶ、正しい使い方を知ることが大事なのです。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!