自分の肌質を知って、それに合わせたケアをすることが肌老化を遠ざける

肌質を知る自分の肌質がどんなものなのか、あなたは知っていますか?

実は、肌質は大きく分けて4つあります。

これらの肌質のどれかに、必ず当てはまることでしょう。

4つの肌質とは、どんなものがあるのでしょうか?

①普通肌

問題がない、いわゆる普通の肌です。

なめらかですべすべ、乾燥もしていないし、脂っこくなってもいない状態です。

ですが、ケアを怠ると肌の調子が悪くなることもあります。

スポンサーリンク

②乾燥肌

肌がカサカサしていたら、乾燥肌です。

肌の水分量が少ないと、このような状態になりやすいでしょう。

③脂性肌

皮脂がたくさん出ている人は、この肌質です。

額や鼻周り、ほほ骨のあたりが脂っこくなりやすい人は脂性肌を疑いましょう。

ニキビや吹き出物が出やすい人も、同様です。

④混合肌

Tゾーンは脂でベタベタ、でもそれ以外のところはかさついていて乾燥している場合には、混合肌と言われる状態になっているのかもしれません。

この4つの肌質のどれに自分が当てはまるのか、どうやって判断したらいいのでしょうか?

簡単に判断するためには、起きてからすぐに自分の肌を触ってみましょう。

何の問題もなかったら、普通肌です。

カサカサしていたり、肌がつっぱっているように感じられたら、乾燥肌。

肌を触ってべたついていたり、ヌルッとした感触があったら脂性肌。

カサカサしているところとベタベタしているところがあったら、混合肌です。

スポンサーリンク

 

それぞれのケア方法を知っておこう!

普通肌の場合には、できるだけいつも通りのケアを続けておきましょう。

乾燥肌ならば、保湿をしておきましょう。

美容液やクリームを塗って、パックもたまには丹念にしておきましょう。

また、部屋が乾燥しているかな?という人は、加湿器も忘れずに。

肌が乾燥しやすい人は、マスクなどをつけたり、ハンドクリームを塗ってそのうえから手袋をつけたりして、ケアをしておきましょう。

脂性肌ならば、洗顔を…といいたいところですが、洗いすぎは肌に悪いとも言われています。

洗顔した後には、しっかり保湿をしておきましょう。

脂っこい肌に保湿なんて…と思っている人もいるかもしれませんが、保湿はするべきです。

また、どうしても肌質改善をしたいのならば、食事の内容を見直して。

甘いものや、脂っこい食事などは避けたほうがベターです。

混合肌は、カサカサとベタベタがミックスされた状態の肌。

こちらは乾燥肌の対策と、脂性肌の対策の両方を行いましょう。

何にせよ、肌荒れしている時には保湿をすべき。

毎日ケアをすることで、肌質が向上していくはずです。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!