30代の女性を悩ませる「毛穴の開き」をどう解決するか

毛穴アラサーになると、肌の調子が途端に悪くなる人がいます。

年齢を重ねると、「毛穴が開いてきてしまった」「シミが目立つようになった」「目元のシワが気になる」という声もあります。

昔は肌を誉められていたけれど、今ではつい手で隠してしまう…人に見られるとなんだか恥ずかしいし、引け目を感じてしまう…そんな人も多いのではないでしょうか。

昔の、絶好調だった頃の肌に戻りたい!でも、そんなことは可能なのだろうか?と悩んでいる人もいるでしょう。

特に、毛穴のトラブルに困っている人もたくさんいるでしょう。

毛穴がつまっている、ぱっくり開いてしまっていて汚く見える…こういう時に、何をしたらいいのでしょうか?

お肌を若返らせたい人はこちらを見てね!

スポンサーリンク

毛穴のケアで大事なのは、「こすりすぎ」「つけすぎ」をやめること

毛穴のためのケアをするために、いろんなことをしている人がいると思います。

クレンジングやピーリング、顔そりなど、さまざまなケアをしている人がいると思いますが、やればやるほど肌にダメージを与えることも多いはず。

肌質が弱い人にとって、やりすぎは禁物です。

まずは、自分の持っている化粧品をチェックしてみましょう。

開封して時間が経過しすぎているものは、惜しい気持ちもわかりますが処分してしまいましょう。

参考記事:消費期限を過ぎた商品は、肌を劣化させる?

使っていないものも同様です。

必要ないと思ったもの、高かったから残しているけれど使い勝手が悪かったものを無理に使い続けることはありません。

自分の肌質をよく理解して、その肌をちゃんとケアしてあげましょう。

クレンジングをする時には、なんとなくゴシゴシ落とすのではなく、メイクや汚れを浮かせてからぬるま湯で落とすこと。

洗顔の時にも、熱湯や冷水は避けて、ぬるいお湯でゆすぐこと。

美容液やクリームは掌の上でほんのり温めてから、肌にのせ、しっかりいきわたらせること。

こういう基本的なケアをしっかり守りましょう。

そもそも、毛穴をなくすためにケアをしようとするのは間違いです。

毛穴をなくそうとするのは、肌を殺してしまうのと一緒です。

毛穴から出てくる皮脂は、肌を守ってくれるものです。

毛穴を大事にして、いたわってあげること。

正常に働くようにきちんと丁寧にケアをしてあげることをこころがけましょう。

そして、肌のこすりすぎ・過剰に化粧品をつける行為は避けましょう。

お肌をびっくりさせるような行為は避けて、優しくしてあげることが大事なのです。

そうすることで、あなたの肌な20代の頃のような輝きと美しさを取り戻せるはずです!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!