衝撃の事実!「寝ながらスマホ」習慣は、あなたの肌だけでなく髪もボロボロにしていた…!?

夜、寝る前にスマートフォンをいじるという習慣をお持ちの女性、少なくないのではないでしょうか?

やめなきゃと思っていても、ついついやってしまうこの習慣。

でも、本当にこの習慣はよくないものだそうです。

それでは、スマートフォンを寝る前にいじる習慣の、何がいけないのでしょうか?

a0001_015477

スポンサーリンク

寝る前にスマートフォンをいじると、不眠になる

スマートフォンからは、ブルーライトと呼ばれる光が出ています。

これは、LEDライトを使用している製品からは必ず出ているものですよね。

このブルーライトを見つめ続けると眼精疲労になりますし、それどころか網膜に負担がかかってしまうケースもあるのだそう。

自然界の中にもあるものではありますが、長時間、しかも夜に見つめ続けるべきものではありません。

寝る前に浴びてしまうと、特に不眠の原因になってしまうそう。

寝ることができても、すぐに目が覚めてしまうという事態を招きかねません。

 

髪をボサボサにする原因に…!?

不眠は肌に悪いもの。

すぐに肌荒れの原因になります。

それだけではありません。

この影響は、髪の毛にも出てきてしまいます!

髪の毛を作りだす細胞が充分に働けなくなり、徐々に髪がパサついてきます。

ハリがなくなってしなしなで歪んだ髪の毛になったり、コシが失われて切れ毛・枝毛ばかりになるかもしれません。

 
スポンサーリンク

対策はあるの?

一番いいのは、寝る前にスマートフォンをいじるのをやめることです。

思いきって、枕元ではない場所に保管するようにしてみましょう。

どうしてもやめられないという人は、横になった状態で、スマホを顔の近くに置いて寝る習慣をやめること。

顔から離して使用しましょう。

もしくは、ブルーライトをカットするメガネを購入してかけるのもいいかもしれません。

ただし、これはある程度の量をカットできるだけで、万能アイテムではありませんから、その点には注意して。

また、寝る前にスマートフォンをいじっていて、気が付いたら朝方…などというのもよくありません。

できるだけ早く寝るようにしましょう。

24時までには就寝するのがベターです。

肌や髪の毛を若いまま保ちたいのならば、そして健康な体でいたいのならば、睡眠時間を大切にしたほうがよさそうです。

特に大人の女性にとって、睡眠時間は大切なもの。

「寝ないで遊んでいたい」「寝る前にちょっとだけ息抜きしたい」というお気持ちもわかりますが、ほどほどにとどめましょう。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!