目元がぼろぼろ…夕方から夜にかけての目元ケアでアンチエイジング!

目元ケア夕方になると、目元がパッキパキ。ファンデーションや皮膚がポロポロ落ちてきそうなほど乾燥していて、目元にクマやたるみが出現…!?

これでは、美容にはもちろん、健康にもよくありません。

特に、夕方になると仕事の疲れがたまってきて、目元が疲れがち。

同僚や友達に「目元ブス」なんて思われたくない!

そんな時には、さっそく目元ケアを始めましょう!

夕方からのボロボロ目元、どうすればケアができる?

もちろん、パックやクリームで簡単にケアはできます。

しかしながら、オフィスでそんな大げさなケアはできません。

そういう時に簡単にできるものを探してみました。

スポンサーリンク

 

・目薬をさす

疲れ目には、やはり目薬が効きます。

疲れた時に、さっとさせばいいだけです。

ただし、目元から溢れた涙で化粧が落ちてしまったり、肌が弱い人は涙焼けしてしまうことも…。

コンタクトの人は目薬は欠かせないようですが、さした後の肌のケアも忘れてはいけませんね!

 

・加湿器を利用する

ポータブル式の加湿器を持ちこんだり、USBケーブルで簡単につなげられるものなどを利用したりしてみましょう。

少しは肌の乾燥が抑えられるかも。

ただし、無理やり会社に加湿器を持ちこむのはNGです!

 

・PCの設定を変えてみる

PCの設定をちょっと変えてみると、目が疲れなくて済むという話もあります。

画面の明るさを抑えるような設定にしてみたり、コントラストなどを調整してみましょう。

また、PC用のメガネを取り入れてみるのもいいかもしれません。

ただし、かけるだけで目が楽にはなりますが、まったく目が疲れないというわけではありませんからご注意あれ!

 
スポンサーリンク

・ホットアイマスクを利用する

これは、帰宅してからのケア方法です。

目元がじんわりあたたかくなるマスクを利用して、目の周りの血液の循環を良くしましょう。

ただし、効果は数十分でなくなりますから、袋から出したまま放っておかないように要注意!

また、冬限定のケア方法であることも覚えておきましょう。

効果は抜群です!

 

・きちんと寝ること
一番大事なのは、ちゃんと睡眠をとることです。

寝ないでいると、それだけ目元にダメージが蓄積していくでしょう。

参考記事:老化を防止するには「7時間睡眠」「早起き」が大切だった

 

目元が老け込んでしまいと、相手に与える印象も段違いになります。

いつまでも若く、美しくいたいという人は、仕事をするうえでもケアを忘れないようにしたいですね!

毎日のケアが面倒なんて思わずに、こまめに手入れをしていきましょう!そうすることで、アンチエイジングにつながっていきますよ!

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!