「大人ニキビ」に気をつけろ!肌を老化させる、秋に美味しい食べ物とは

大人になってからもニキビに悩まされている人は少なくありません。

せっかくのデートの日にニキビができちゃった!

仕事のプレゼンの日なのに、顎の下のニキビが痛くて

テンションが下がりまくりという経験をした人もいますよね。

こういう時には、肌のコンディションが

たまたま悪かったのかもしれませんが、

もしかしたら食生活のせいかもしれません。

食事を見直して、ニキビと無縁の生活を送りましょう!

チョコレート

スポンサーリンク

・チョコレート

ニキビの天敵といえば、やはりチョコレート。

チョコには糖分や脂肪分がたっぷり入っています。

そして、実はチョコに入っているカフェインも肌荒れしやすい原因のひとつ。

実は、カフェインは胃の弱い人にとっては、

胃荒れの原因になりやすいとされています。

胃が悪くなると、消化不良になって便秘になることもあります。

それがニキビの原因となってしまうかも。

特に、生理中にチョコレートなどを食べると肌荒れしやすくなるそうです。

 

・お酒

アルコールはニキビの原因となりやすいようですね。

適度のアルコールなら肌にも問題ありませんが、

醸造酒と言われるお酒には糖分が多いので、

ニキビができやすくなるそうです。

たとえばビールやワイン、日本酒、チューハイなどにも

糖分は多いそう。 飲みすぎにはくれぐれも要注意ですね!

参考記事:お酒を飲んでも、老けない!老化させない!大人の美女の、お酒との正しい付き合い方

 
スポンサーリンク

・唐辛子

唐辛子などの辛いものが大好きな人も多いようですが、

辛すぎるものは内臓にダメージを与えることがあります。

内臓がストレスを受けると、栄養素を吸収したり、

いらないものを体外に排出する作用が

うまくいかなくなることがあるそうです。

そのことからニキビができやすくなる可能性もあるみたい。

元々辛いものが大好きで、普段から

食べ慣れている人は問題ないかもしれません。

ですが、肌荒れ中やニキビができている最中は、

唐辛子の入った料理は控えたほうが無難かもしれませんね。

 

・揚げ物

肌に悪いものというイメージがある揚げ物ですが、

例に漏れずニキビにもあまり良くありません。

揚げ物に入っている動物性脂肪は、

血液の仲の中性脂肪を増加させるとされています。

これは皮脂の分泌を促してしまうので、肌が脂っこくなりがち。

そのため、ニキビの原因になりやすいそうです。

揚げ物だけでなく、ステーキや焼き肉のこってりした脂や、

大量の生クリームも皮脂の分泌を促すものだということです。

 

・お餅

冬になると、たびたび食べたくなるお餅。

カロリーのことを考えると食べられないという女性も

いるようですが、炭水化物の摂りすぎは

肌によくないとされています。

特に、お餅以外にもお米やパンといった炭水化物は、

摂りすぎると肌によくないということで有名。

できれば、どんな栄養素もバランスよく摂取したいですね。

スポンサーリンク

お肌のアンチエイジングならこれ!